カテゴリ:未分類( 22 )
[読々]光のお父さん
ちょうど三連休中に届いた

ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん  マイディー


ブログは途中からリアルタイムで読んでいたので、
内容も状況も知っていたが改めて読んだ。
(たぶんそんな人が大多数な気もする)

ログインしてからログアウトしてまで
何気ない日常だとしてもいろんなことがある。

こんなことがあってこう思ったとか
本当はこうしたいけど、こういう事情があったからこっちにしたとか

ブログには実際のこととは少し違う形で書くこともある。
それは本音と建て前の違いではないけど、
正直に書いてしまうと色々都合悪いところもあるし
話したことをログのように書いてしまうことがよいこととも思わない。
でも読みたい部分である。

もう少し突っ込んで、本当はこんなことを思ってたんだとか
実は裏でこういう出来事が同時進行で起きてたんだとか
書きたいこともあるが、正直書けないことのほうが多い。
でも読みたい部分である。

光のお父さんはそんなちょっとした裏事情みたいなものを
読んでる気にさせてくれるから、楽しかったのだろう。
皆で秘密を共有している感じがあった。

もちろん親子関係の修復や、仲間との絆とか
つい涙目になりながら読んでしまいそうな部分はある。
でもそれ以外の「他人のネトゲでの日常生活」を読めるのが楽しかったな。

単行本はドラマ原作のためのものだからか、
光のお父さんに焦点をあてて編集してあり、
日常パートみたいなものは極力外されてる。

他のゲームに関することも(当たり前だが)外されている。
外に出すってことはこういうことなのだなと感じられた。

親子の修復に焦点を当ててはいるのだろうけど
ドラマがどうなっているのか、楽しみである。

ちなみにこの本の帯に「僕はこの人が死んだ時、泣くのだろうか?」と書かれている。
作者のブログにもこの帯のことが書かれていて、
この話のきっかけであり、印象深い言葉だ。

私もずっと同じ疑問を自分に投げかけている。
[PR]
by Kirill_Books | 2017-03-20 11:55 | Comments(0)
[読々]箱入り息子の恋
新年あけてようやく少しだけ時間が取れたのだけど
ものすっごく疲れていたので
まったりしたいということで、こちらを鑑賞しました。


箱入り息子の恋


年末によく観たドラマの関係で、
同じ演者が似てる設定(35歳年齢=彼女いない歴)の役をやってる映画ということで知りました。

似た設定で別なものというところに興味がありつつ
ドラマを観た直後だと比較して楽しめないだろうなという気持ちがあって、
知っても見てなかったのですが
配信終了が近づいて来てたのと
そろそろいいかなというタイミングだったので鑑賞。

2時間動画見続けられるかなぁ、飽きそうだなぁ
途中で飽きてきたら躊躇せず観るのやめようと思ってたのに
最後まで飽きずに一気に見てしまいました。

親から見るとダメダメな子供に見えても
表現下手なだけで子供は子供で色々考えてるんだよなとか
何かのきっかけがあればそういうのも出していけるんだよなとか
そもそも合間合間が心に痛い表現が…!辛い!でも大事、こういう演出大事!
っていう、静かにじーっと観てるじゃなくて、つい話したくなっちゃう映画だった。
その場で思うことを言いながら見れたから最後まで見れたのかな。

終わりに何かはっきりとした結末を迎えるわけじゃないけど
でもタイトルが「箱入り息子の恋」だから。
だからあの終わりでよかったのだと思う。
恋してるんだよ…

主人公は見た目がヤバくて、行動も、表情もヤバくて
これ大丈夫か…?って感じだったけど、
序盤のホテルでの両家集まってのご挨拶?面会?お食事会?
の時の主人公の言葉がものすっごいかっこよくて
全部がヤバいんじゃなくて、普段見えてないけど心はしっかりしてるんだ!
ちゃんと見えてるんだ!
なら見続けられる!行く末を見守るよ!って気持ちに早々となれたから
よかったなぁ。

ドラマとは違う形で、
初々しさや辛さやそれでも想いたいという部分が
現れてて別なものなんだけど、演者が一緒ってことで
違いがより感じやすくなっててよかったなぁ。

それにしても。
見た目って大事だ。
この映画もドラマも同じ人なのに、
メガネ、服装、髪型、表情などなどで
こんなにも印象が違うのかと思い知らされる。

1月8日までGYAO!で無料配信のようなので、
お時間ある方はぜひどうぞ。
[PR]
by Kirill_Books | 2017-01-04 22:06 | Comments(0)
[読々]楽しさの共有
見ていたドラマの最終回が終わりました。
無料視聴の見逃し配信もちょうどTV放映後1週間の今日を最後に見れなくなるなと思ったら、
風邪で寝ていたはずなのに、起きてつい見てしまいました。
そして一応の区切りで記事も書いておこう。


後半の私のある1週間

火曜日 ドラマ
水曜日 ドラマをネタに話す
木曜日 ドラマをネタに話す
金曜日 ドラマをネタに話す
土曜日 王様のブランチやらネットで公式から新告知投下
日曜日 後半はダイジェストやらスペシャルやら新告知投下
月曜日 出演者のラジオでエピソード投下


普段ならテレビを見ても次の日に話したらそれで満足するはずなのですが
このドラマは、人によってドラマのどこに注力するかが変わるので
誰と話しても新鮮な感想が聞けるのです。
だからドラマのネタだけで3日くらいは余裕で話ができるし
(自分が話すというより、相手が感想を言えるように話を持ってく感じ)
週末に向けてドラマネタが飽きてきそうなタイミングで新情報を投下されるので
次の放映日まで飽きずに過ぎてしまう、そんなドラマでした。

私のこのドラマへの転換期は5話で
5話を見た時にこれは一人で楽しむんじゃなく
誰かと共有したい、そのほうが楽しいドラマだと感じました。

一緒に観る相手が自分と違う人であればあるほど
同じシーンを見てても別の感想を持つもので
それを聴くのが本当に楽しかった。
一緒に見てくれる人がいたからこそ、ドラマをより楽しめたような気もします。

個人差もあるし、男女差で見てるところが違うなと思ったし
それはそれぞれが見た後に感想を言うのではなく
出来るだけ一緒に観ながら感想を言い合いたい。

だから見逃し配信視聴がとてもありがたかったです。

1話に対して何時間かけて語ったか。
時には気になる部分を動画で確認しながら、話し合ったり。
そんなことができたのも見逃し配信があったおかげだな。

一番繰り返し見て大好きなのはやっぱり5話。
5話だけは通しで何度も観て
ミュートして表情やしぐさや動きに注力して何度も観て
動画見ずに音だけ聞いてセリフの言い方なども何度も聴いて
それでもまだ何か発見がありそうって、まだ見たいって思えた回だった。

偶然1話を見て、おもしろそうって思えてよかったな。
またこんな風に皆で楽しみたいドラマがあるといいなー。

このドラマはSNSの使用頻度がすごく良くて
イベント告知とか、人が読むタイミングを考えたい時にいい参考になるなと思ってたのですが、
ちょっともう頭が働かないのでやめとこう。

以前ある人が会話の中で、人と楽しさの共有について話していて
これがそのことなんだろうなって実感したそんなドラマでした。

なんかとりとめもない文章になってしまった。
[PR]
by Kirill_Books | 2016-12-28 00:05 | Comments(0)
※重要シーンです の破壊力
突然心に突き刺さり、溢れる想像を止められない。

ときどきそんな言葉に出会う。

まずはこちらを見てほしい。
b0096814_23174849.jpg
最近見ているドラマのエキストラ募集一覧。
一覧の中で、ある1日だけ
※重要シーンです
の文字。

何を撮るんだ…
重要…
重要と言えばやはりクライマックス?
主演は確実にいる状態のクライマックスと予想する。
詳細を見ると、服装には指定がなく
(ものによっては”おしゃれスーツ"の指定がある)
服装自由ってことは、会社とかそういうのではなく普通の通行人みたいなエキストラ?
場所は広場
公園みたいなところか?
広場ってなんだろう。

通行人がたくさんいるところで※重要なシーンて
やはり告白的な何かを誰かが言うような…?

とかなんとかつい考えてしまう。

何気なく見ただけだけど、一覧でここだけ
※重要シーンです
の言葉に、しばらくツボに入ってしまって大変だった。


私が好きなのは条件がある状態で
どこまで条件を破城させないぎりぎりのことが想像できるかと考えること。

このドラマでも誰もがやるような
月収の換算や
同居時期の算出や
(これは7話でほぼ答えが出た、だいたいあってた)
シェアのタイミングなどを
話の流れからヒントとなる言葉をひろって
そこからある程度絞って想像する。

答えがあるわけじゃないけど、無条件に好き勝手考えるわけじゃなく
ある程度の制限の中で現実に当てはまる想像をするのが好きだ。

だから、ブリタニアで話を書いてるのも
ブリタニアの世界から逸脱しない、という条件で
どれだけ自分の想像力で話を考えるのかという部分が楽しい。

そして想像力を掻き立てる
言葉やシーンや人を見つけるのがとても楽しい。
[PR]
by Kirill_Books | 2016-11-24 23:19 | Comments(0)
恋人のおいしいところだけがほしい
今期数年ぶりにドラマを見ています。
偶然1話を見た時に割と面白く感じ、見続けていましたが
今週の第5話の冒頭で
何か、頭の中で「ん?」と浮かぶものがありました。

ドラマの内容とは別のところで何かを思い出したような
何かが見えたような感じがしたのだけど
それが明確に何なのかがわからず
計3回くらい見て、ようやく気づきました。
(最新話が動画で見れるシステムってすごい)


私が常々疑問に思っていた
「ネットだけの恋人」への答えがここにあった気がしたのです。

物書きではありますが、ウォッチャーでもあるキリルさんは
取材と称し、様々な人間関係を見てきております。

ゆくゆくはリアルにつなげたいと思う「恋人関係」
まぁこれはいい、つながるかつながらないかはわからないけど
未来を期待してるのだろう。

でも「ネットだけの関係ね」と最初から決めている恋人関係は
何のうまみを感じて付き合っているのだろうと思っていました。

一応今までの自分の中での答えとしては
最初からリアルにつなげたいと言うと、相手に身構えられるかもしれないし
正直実際会って好みじゃなかったら困るということへの保険として、
「ネットだけ」と言ってるだけで、
リアルにつなげられるのであればつなげられるのに越したことはない(言わないけど)
というものだと思っていました。

もしくは(友人として)親愛の情が最大限になると「恋人」という称号をつけましょうって話に
なるんだろうか?そういうもんなの?って思ってました。

ですが、
「自尊感情のため」
「恋人のおいしいところだけがほしい」の答えがよりしっくりきました。
「ははぁ、なるほどね!」と動画を見ながら口に出してしまったほどに。

あの時のあの人のあの言葉がこういう意味だったのか
とか
あの人のあの謎行動はこういう理由だったのかもしれないな
とか
今まで時折思い出してた謎だった過去の他人の行動に対して
正解かわからないけど、今までで一番しっくりくる答えが見つかったなと。

現実世界で満たされない自尊感情を、ネット世界で満たしていると考えると
納得できるし
現実世界では夫婦の色々とかそういうめんどくささとかがあるけど
そういうのを一時的に忘れて、甘いおいしいとこだけほしい!と思うと
ネットの中に恋人がほしいと思うのかもしれないな。

ラノベとかである、転生系話の主人公設定の完璧さも
こういう部分が満たされるようになってるのかと思うと
なんだかすごく納得できて
今まであまりにも適当設定過ぎてなんだこれ!って思ってたものも
受け入れられる気がする…とさえ思えるようになりました。

すごい。
ドラマ見るだけで今まで腑に落ちてなかったことが
色々解決してすごい!

むしろ私が超鈍感だった!
きっとこんなの今更なことなんだ!
でもドラマ見なかったら未だに気づいてなかっただろうから、気づいてよかった!
ドラマ見てよかった!

今はそんな気持ちです。
[PR]
by Kirill_Books | 2016-11-13 18:15 | Comments(0)
Trick or Treat 2016 配布完了
ほぼ全シャードのルナで事前にハイド待機してたので
ハイドのまま本積み重ねて終了。
b0096814_22473913.jpg

本は積み重ねたいのに、
自分で姿を出すのはなんとなく気が引けるというか
この気持ち誰かわかりますか?
b0096814_22474164.jpg

いつかしっかりと姿を出してやりたいと思いつつ
どのシャードのキリルさんもハイドだけはスキルが上がってきてて
そのうちどこでもステハイで姿を現さずにやっていけそう。

-----
ステハイで常に行動してたら
自分では姿を現してるつもりなのに、
誰からも見られなくて
存在を認められなくなる人の話とかありそう。

せっかく少しは自信もって姿出して人に声かけてみようと
思って話しかけてみるけど誰も返事をしてくれない。
誰も目も合わせてくれない

街の人たちは姿を現してる時はいつも人の目を気にして
自信なさげにいる主人公をかわいそうに思って
自分たちは主人公を意識しないように、目に入らないように
親切心から行動する

主人公の自分が変わろうと少し行動したタイミングと合わさって
かなりの心的ダメージを主人公に負わせる

結果的に姿を消してても
がんばって姿を出しても
だめ

自分はいないと同じ
死んでると同じ

そう思う主人公は
そのまま死んだように生きるのか
じゃあしんじゃおうと思うのか
いや、ここは変わっていかないと!って思うのか

そんな感じの話ありそうね
-----

瑞穂はベンダーに入れといた。
b0096814_22473877.jpg

これで今年も無事にハロウィンを終えられた。
[PR]
by Kirill_Books | 2016-10-31 22:48 | Comments(4)
私には呪いがかかっている
昔あるTV番組で放映された、話題のお店紹介番組。
そこで紹介されたのは
昔ながらのオカンな感じの女性達が切り盛りするおにぎり屋さん。
お昼にはサラリーマンが多く訪れ大繁盛。

インタビュアーは聴きました。
「どうしてここのお店のおにぎりはおいしいの?」
オカンな感じの店員はおにぎりを握りながら言いました。
「私の親指と人差し指の間からおいしくなるエキスが出てるからよ」

おにぎりを食べなくなって十年。
数年に1度くらいは興味本位で食べてみるけど、今では別に食べなくていいかなって気にもなってる。

私が握ったものでもダメなの?と悲しそうな目で見られると食べられないことが申し訳なくなるけど

本当はダメなんだけど、なんでだろう?
あなたの握ったものなら食べられる!
これが愛なの?愛なのね!

みたいな展開を期待して聞いてくる人がいるんだなって。
そんな都合のいい話あるわけない。
[PR]
by Kirill_Books | 2016-09-08 20:40 | Comments(0)
不倫のお話
不倫のお話
 
-----
新しい年が明けましたが、新年早々不思議なニュースばかり耳にしますね。
実はこの世界で何度か「不倫」をしている方と話すことがあります。
 
いずれの方も 
置かれている状況はわかっている。
自分がどんなことをしているのかもわかっている。
客観的に自分を見れている。
 
というニュアンスのことを言われます。
”この恋愛に夢中で周りが見えていません。”
と自覚してる人は誰一人いませんでした。
 
不倫をしたことがない私から見れば、
状況を理解していて続けるわけがないので、
不倫を続けている以上、
客観的に自分を見れていないんじゃないかと思うのですが本人たちは違うんですね。
わかっていて、自分たちの正当性を見つけて、
だから結果的に「不倫」ということになってしまっているけど
相手に“伴侶がいる"ことを除けば普通の恋愛だと言いたそうにするのです。
でもその除こうとしている”伴侶がいる”というところが
一番重要なことなんですよ!とつっこみたくなります。
 
私もおせっかいなことをしたいわけじゃないし
火の粉がかからない程度の距離をおきつつも状況を見守ってます。
 
さて、最近また一組の不倫カップルから話を聞くことができました。
 
アルケミストの子が熱っぽい視線で
料理人の男を見つめてるので気づいたんですけどね。
その料理人にはすでに戦士の奥さんがいるのです。
 
全方位に優しい男が、優しさを周りにふりまき
勘違いしてしまった女をそのまま受け入れてしまうというのがだいたいの始まり。
私が見てきた数組の不倫カップルのパターンですけどね。
 
男性は惚れられてるという現状に悪い気はしないでしょうから
はっきりとした言葉を言わないまでも
勘違いさせたまま関係を続けるのですよね。
 
もう後戻りできないほど盛り上がってから、
男は「実は…」と伴侶がいることを伝えるのです。
そりゃ、結果的に不倫になってしまっただけと
女性が自分の正当性を言いたくなるのもある程度理解はできます。
そこでぱっと目が覚めることができないくらい、
すでにその沼に深く深くはまりこんでしまっていますから。
 
現状、料理人男はアルケミストの子に乗り換える気もないし
だからといって、自分は正直に話してるのだから
それでも自分について来てくれると言うアルケミストの子を
断る理由はないと自分の正当性を説きます。
 
アルケミストの子は本気にさせといて盛り上がってるところに、
実は既婚者だと言われても納得いかないし、
このままの盛り上がり具合なら
いずれあっちを切って私のところに来てくれるんじゃないかと
確証もない可能性を信じてしまうんですよね。
 
ただ、毎度話を聞いていても、本妻が一つ上なんですよね。
全てを知ってる上で、知らないふりをし
ここぞというタイミングを見計らいながら、証拠を集めている。
さすがです。
 
そうそう、
アルケミストの子が料理人の男性にある一つの作戦を持ちかけているのを聴きました。
アルケミストの子が作った毒薬を使用して
料理人男が毒入りケーキを作り、本妻にプレゼントするということ。
 
それで、本妻を亡き者にしようとしてるんですよね。
これで邪魔者はいなくなって、二人の関係を確固たるものにできるよねと。
むしろ私と一緒になるのはこのタイミングしかないでしょうと。
料理人の男性は乗り気にはなってないですが、
このまま押されていけば結果的に作ることになるでしょう。
 
さて、バレンタインまであと1か月を切りました。
料理人の男性が毒入りケーキを作って渡してしまうのか
渡さずに、アルケミストの子をなだめることができるのか
男がどちらの答えを出すのか、楽しみです。
 
人の生き死にがかかってるのに、楽しみだなんて不謹慎だって?
 
この男性、自分の奥さんがヴァンプ戦士だとわかってないのが痛い。
毒入りケーキなど渡しても奥さんは痛くもかゆくもないのですよ。
自分の奥さんを全く理解してないのが明らかなのだから
さっさと別れてしまえと、私は思うんですけどね。
 
------
色々メモをあさっていたらこんな文章が出てきた。
忘れてた!
今年の1月くらいに書いたものらしい。
不倫の話題が色々出ていたから書いたのかな?
 
毒入りケーキってレベルいくつの毒まで作れるんだろなーと
毒スキルも料理スキルもよくわかんないまま
とりあえず書いてみたって感じだった気がする。
 
 

[PR]
by Kirill_Books | 2016-07-12 12:32 | Comments(0)
文字を文字として受け取れない
おもしろい記事を読みました。

「頭の中のアレクサンドリア大図書館の話」で検索すると記事が出てくると思います。


何かを考える時、何かを想像する時、頭の中の世界でどう表現されるのかは、
人それぞれ違うらしい。

音声派、テキスト派、動画派…
もっと細かくそれこそ同じ世界はないのではと思うほど、人によって違うらしい。


私は基本的には絵で浮かびます。
カラーの絵です。
具体的であれば、それは動画として動きます。
たぶん音はないです。
あっても、すごい遠くでBGMが流れています。
絵にBGMがくっついているという感覚はあまりないです。
絵の中に人がいて、その人が話した場合、
(基本的にはあまり話さないけど)
無音動画のようにセリフがテキストで表示されます。

ただ、そのテキストも画像って感じです。
ペイントで文字が書かれててJpeg保存されてるものを表示してるみたいな。

物を思い浮かべる時に、名前の文字そのままは浮かびません。
それが絵に変換されて浮かびます。

物書きをやっているので、文字で表現されてもいいと思うのだけど
そこは頭に浮かぶ絵をひたすら文字に書き起こす活動という感じです。

ですので、絵が浮かぶための材料は自分で考えますが
(キャラの設定、最初の場面、話のきっかけなどなど)
それがきれいに設定できると、絵が動画となり動いていくので
あとは、その動いた状態を追いかけて文字に書き起こしているのが
UO本になっていっているという感じです。

一通り最後までいって、もしちょっとつまんない話じゃないかな?って思うと
途中に別要素を入れて、もう一度再生してみるって感じです。
アドビプレミアで映像編集してる感覚になります。

だから、あまり自分で最初から最後まで考えている感覚ないし
この動画がいつか浮かばなくなるんじゃないか?という不安はいつまでもあるし
自分の記憶から浮かぶことだから、色んなものを見ておかなければ
いけないなと言う心配もあります。

昔は一度動画が始まるとノンストップで最後まで一気に再生されるし
一時停止機能がないので、途中でやめられず
動画が終わるまで深夜だろうが、仕方なくそれこそ徹夜して書いてましたが
私の頭の中も最近は少し高機能になったようで
一時停止機能がつき、途中までで止めて睡眠を確保することが
できるようになりました。

何度もやっていると、レベルアップしていくんだね!

これはUOに限らず、自分が考えることすべてに当てはまって絵で表現されます。

文字を文字として認識せず
文字もすべて画像となるのが、不思議だなと思う。
訓練したら、文字をテキストとして受け取ることができるのかな。
[PR]
by Kirill_Books | 2015-11-15 11:27 | Comments(0)
[読々]実写版 進撃の巨人 エンド オブ ザ ワールド
実写版映画 後編観に行きました。
行ったのが上映始まってから1週間くらいたってからかな?
ちょっと忘れかかってますが、感想を。


後編は「特撮映画」感満載でした。
心なしか前編よりBGMがわざと古臭くしてるの?って感じの音楽に
聴こえてくるような部分もあったり。

前編から一気に変わったなーという印象。

加えて安定したトンデモシーンもあり。
"白い部屋"
"謎のシャンパン"
"謎の砂浜感"
"どっから出てきたビーチチェア"
"シキシマ全体がお笑い要素抜群"
"エレン邪魔するよりそっち大事なの?っていうシキシマの謎行動"
"エンドロール明けの最後のシーン"

ハンジは本編要素に全く関わらない盛り上げ役でしかないのがわかりやすかったし
(戦車の中に入るシーンとかで)

そもそも!ミカサは状況知ってるんなら言えよ!みたいなところもあり。

シキシマはそこまで人巻き込まなくても
自分の力でいろいろできただろう!て言いたくなる部分もあったり。

今でも思い出すだけでこれだけあります。
特にあの白い部屋の爆発力がすごい。

エンドロール明けは気を抜いてる時に
「えっ…?」
ってなってからパッと明かりがついて、この感情はどこにぶつけたらいいの?感ハンパない。

映画中笑いが我慢できなくて本当に大変だった。
体力ごっそり持ってかれた。


色々あったけど、初めて予告を見た時から後編観たところまで
何度実写版 進撃の巨人のネタで笑いを提供してもらったか。
そういう意味では本当に楽しませてもらった。


DVD出たら、是非一人じゃなく複数人で突っ込みを入れながら観るのをおすすめします。
お泊り会とかね、友達と一緒につっこみいれながら観るには最適な映画だと思います。
[PR]
by Kirill_Books | 2015-10-18 13:32 | Comments(0)