カテゴリ:イベント( 39 )
*Christmas 2015置いてきます。
マラスの星の海を見ていると、何かが思い浮かびそうな気がする。
b0096814_19261459.jpg


本日は北斗にお邪魔しております。
クリスマス本が出来たなと思ったタイミングで、本日北斗祭りだと耳にしました。

じゃあ、置いてこようかなと、そんな感じです。

クリスマス本については、書きたいこともありますが
今日はとりあえず北斗祭りで置いてくるよ!っというそれだけのお話です。
b0096814_19291030.jpg


もし見かけた方がいらっしゃいましたら、
シャドウガード小部屋のクリア後のテレポート待ちの時間つぶしにでも
つかっていただければと思います。
[PR]
by Kirill_Books | 2015-12-12 19:30 | イベント
倭国へ本を読みに
久しぶりに倭国に行ってきました。
色んな本が読めると聞いたからです。
b0096814_23133844.jpg

場所はムーングロウのある島の南側。
ムーングロウの街中央のテレポのうち、
ムーングロウ動物園近くのムーングロウ島南岸側のテレポに飛び、
そこから海岸際を西に行くと、NPCの家の影になって展示場はありました。

知ってる名前の方の本もいくつか。
久々に、完全に読むだけの側になれて、よかったな。

やはり、開催されるシャードが違ったり、色んな要素で
集まる本も全然違いますね!
こういうのを感じられるのも楽しいな。
[PR]
by Kirill_Books | 2015-05-12 23:21 | イベント
[北斗文芸大会]打ち上げパーティの舞台裏を紐解く
北斗ブリテイン文芸大会の打ち上げパーティから
1週間以上経過してしまいました。
イベントが終わると、一気にふわっとするというか
ぼーっとするというか
ぼーっとしてるのはいつものことですが・・・

ちょっと打ち上げパーティ当日のことを思い出してみますね。
夕方ごろちょっと展示会場に行った時のこと。
お客様が黙々と読んでらっしゃいました。
瑞穂から来た方のようで、つい声をかけて邪魔してしまいました。
遠くから来ていただけるとうれしいですね。
b0096814_23591570.jpg

さて、打ち上げパーティ。
いきなり、オークをかぶったanne首長が謝ってますね。
どうやら、原稿料としてお渡しする予定だったanne首長の本。
書き上げたことで安心して、お渡しする人数分書写してなかったようです。
b0096814_23592948.jpg

そんなの数冊でしょ?と思いますよね。
思いますね。
そうそう、数冊。
20冊×人数分。
…さすがに数分じゃ終わらないよね!

あまりのグダグダぶりに、とうとう断頭台?まで出てきました。
b0096814_23593945.jpg

あら?anne首長がいなくなり、
変わりにanne首長のお姉さんが来てます。
首長のぐだぐだぶりに、これはほっておけないとやってきたのでしょうか。
b0096814_23594910.jpg

実は原稿料に猛攻のスペルブックがあったのですが
その場で作成する予定だったのですね。
そのために、首長は魔法120のパワースクロール買ってました。
すごいやる気でした。
ただね・・・レシピが必要って・・・忘れてた・・・のね・・・
レシピ読み済みのお姉さんがやってきたのでした。

そして再度の謝罪。
という打ち上げパーティでした。
b0096814_23595856.jpg


さて、首長のブログに書かれております
ブリテイン文芸大会 [Third] 打ち上げパーティー終了
反省点を分析してみますね。

1.パーティなのにお酒や食べ物の準備忘れてた
2.anne首長の秘密の物語をコピーまで含めるとパーティに間に合ってない
3.猛攻のスペルブックをその場で書くことにしてレシピ必要なの忘れてた
4.anne首長が執筆にかかりっきりで投稿いただいた本の感想書けてない。
5.秘密の本は「to be continude」で終わってる

こんな感じでしょうか。

これを見て、私あることに気づきました。
1.打ち上げパーティなのにお酒や食べ物の準備忘れてた
→むしろ食べるような雰囲気ではなかったとも言う・・・
2.anne首長の秘密の物語をコピーまで含めるとパーティに間に合ってない
→秘密の物語のアイディアって誰のだったかな・・・
3.猛攻のスペルブックをその場で書くことにしてレシピ必要なの忘れてた
→猛攻のスペルブックその場で書いたら?のアイディアって誰だったかな・・・
4.anne首長が執筆にかかりっきりで投稿いただいた本の感想書けてない。
→これも秘密の物語のアイディアがあったからだよな・・・
5.秘密の本は「to be continude」で終わってる
→首長に「to be continude」の魔法を教えたのは誰だったかな・・・


ちょっと冷静にもう一度考えて見ますね。
1.打ち上げパーティなのにお酒や食べ物の準備忘れてた
→むしろ食べるような雰囲気ではなかったとも言う・・・
2.anne首長の秘密の物語をコピーまで含めるとパーティに間に合ってない
→秘密の物語のアイディアって誰のだったかな・・・
→Kirill

3.猛攻のスペルブックをその場で書くことにしてレシピ必要なの忘れてた
→猛攻のスペルブックその場で書いたら?のアイディアって誰だったかな・・・
→Kirill

4.anne首長が執筆にかかりっきりで投稿いただいた本の感想書けてない。
→これも秘密の物語のアイディアがあったからだよな・・・
→=Kirill

5.秘密の本は「to be continude」で終わってる
→首長に「to be continude」の魔法を教えたのは誰だったかな・・・
→Kirill


あれ!今回の反省点、ほとんどキリルが原因だ!

もし次があって、また参加することになりましたら
その時は責任を持って!かなり!厳しく!
スケジュール管理とチェックをしたいと思います。
厳しすぎて首長と秘書が逃げ出すレベルで!

厳しすぎて首長と秘書が逃げ出すレベルで!
[PR]
by Kirill_Books | 2015-04-14 00:12 | イベント
知らない世界がきっとある
仕事の合間に、キリルは北斗文芸大会の展示会場に来た。
b0096814_232090.jpg

ずらっと本が並ぶ。
これからこの本らを読めると思うとワクワクする。
パラパラとめくっては、今度もう少し時間がある時に…と惜しみながら閉じる。
この飾りのような箱。
この上の玉ねぎから察するに…この箱開けるの怖いな。
今回は一体何冊分の超大作に出来上がっているのだろう。
b0096814_233158.jpg

この台座は遅れてくる傑作を待っているのだろうか。
b0096814_2331148.jpg

キリルの本はこの"Pack Mongbat"
b0096814_2332158.jpg

もともとはキーワードが発表されてすぐに考えた話で、
変に凝らずに、長編や大作にせずに
さらっと読めるような、うっすら結末がわかるような
そんな基本ぽい話として事前にブログにでも載せようと思っていたものだ。

だけど、急に忙しくなって
その後、ほとんど書く時間がとれず
途中まで考えていた、以前載せたボツ案も長編になりすぎるし
そもそも時間がないし、
さらに言えば、締切を1週間近く勘違いしてたのもあり、
変わりに大急ぎで完成させたのがこれという形だ。

だから、すんなり読めると思うし
タイトルを見た時点であらすじがわかっちゃう人もいると思う。
中身がわかるタイトルは好みじゃないキリルとしても
この本は珍しく中身が予想できるタイトルだ。

でも、これだけあっさりな内容ならこのタイトルで良いと思う。

キリルにとってあっさりというのは、
話に分岐点がなく、一本道で、これとこれが合わさったなら
多数の人がこう想像するのではないかな?という
大筋の方向に行く事だ。

北斗文芸大会は、本を書いて終わりじゃない。
皆さんに読んでもらって、感想を書いてもらって
作者に届けるまでが北斗文芸大会です!

感想書くのを大げさに考えずに、
一言でもいいので、気にせず書いてもらえれば!
感想を書いたらこちらのポストにポン!
誰に向けての感想かわかるように、作者名か作品名を書いてね。
感想を投函したら、こちらから感想書いた人へのお礼をもらって!
b0096814_235102.jpg

感想書く用の本はこちらにあります。
いたれりつくせり!
b0096814_2353813.jpg


さて、冒頭で言った私の今行っている仕事というのは…
これを読んでる方々の一部には関係があるだろう。
皆さんのためにも任務を全うしたいと思う。


-----
展示会場について詳しくはこちら。

■Britain Book Event 03 / Exhibition / トリンシックDays
■ブリテイン文芸大会 [Third] ~アンさま秘密の物語~  in Hokuto 展示会告知 / ブリ首長になったAnneの日記
[PR]
by Kirill_Books | 2015-03-12 23:13 | イベント
色々知らないほうが幸せな時もある
北斗から持ち帰ったメモをテーブルに広げ、
選ばれたキーワードを改めて読む。

第3回北斗ブリテイン文芸大会用の5つのキーワードだ。

「強化剤融合器…ネクロマンサー…ペット…
うーん
モンバット…ライキューム…」
b0096814_2243877.jpg


このキーワードの中から1つ以上使用して
(1個だけでもいいし、5個全部使っても良い)
物語を書いて、北斗のブリテインのヘラルドか、展示会場ポストに投函。
展示会場に展示され、きっと役立つ原稿料ももらえるのだ。

ある程度は書き続けている身だ。
記憶が確かならが、使ったことがないキーワードは
強化剤融合器くらいだろう。

書くとしたら、やはり今まで使ったことがない
キーワードを試してみたいと思う。

「強化剤融合器…」

キーワードに選ばれて初めて、なにそれ?
と知ったものだ。
その場で見せてもらったが、使ったこともない。
なんだかよくわからない編まれたカゴに入った何かしら?
強化剤融合"機"ではなく"器"なのだから
きっと機械ではなく、あの青い液体っぽいものが本体で
何かの作用をして強化剤を良い物にするのだろうか。

はて?
良い物って何だ?
強化剤をあの中に入れて、何になるのだろう?
融合して何になるのだ?よくわからないものだ…。

調べて詳しい使い方を知るのもありだし、
中に何かを入れたら、何かしら別のものに変身するという
都合の良い器程度のイメージで使うのもありだ。
これでとんでもなく都合の良いキーワードに変身。

色々知らないほうが幸せな時もある。

作品の締め切りは3月1日(日)23時59分。
詳しい内容はこちらで。

■ブリテイン文芸大会 [Third] ~アンさま秘密の物語~ / in Hokuto 告知
■Britain Book EVENT 03
[PR]
by Kirill_Books | 2015-02-04 23:07 | イベント
北斗ブリテイン文芸大会[Second] 打ち上げパーティ
8月の募集から長く続いた
北斗ブリテイン文芸大会[Second]
昨夜の打ち上げパーティをもって、一旦終わりを迎えました。
b0096814_1701610.jpg

まだ感想本や原稿料のお渡しが済んでない方がおりますが
随時やりとりとなるかと思われます。

また展示会場は10月5日(日)23:39までは存在しますが
それ以降はいつ解体されてもおかしくない状況となっております。

昨日新たに設置された本もあることですし、
今一度展示会場に足を運んでいただければと思います。

そうそう、2階には前回の文芸大会の本が再設置されております。
そちらもまた読んでいただければと思います。

本を書いていただいた方
読みに来て頂いた方
感想を書いていただいた方
ありがとう
ありがとう

他人が想像している"ウルティマオンライン"に触れられる本がやっぱり大好きです。


-----
最初に1回目文芸大会の反省などをまとめたのが
6月8日とか9日くらいだったので
企画されてから準備期間含め約4ヶ月のイベントとなりました。

最初は夏もまだ本格的じゃないのに、秋…
みたいな感じでしたがあっという間に気がつけば秋です。

皆様の読書の秋となるイベントになっていたら幸いです。
[PR]
by Kirill_Books | 2014-09-28 17:43 | イベント
桜 第一回 ニューマジンシア主催内装コンテスト
桜で告知本を配布していた時に教えてもらった内装コンテスト。
昨日が 即席部門開催&投票と表彰式 とのことで見に行ってきました。

テーマは「 月見 」のようで。
最初はじっくり部門の作品をゆっくり眺め
それから即席部門のライブ内装を鑑賞。

内装されてるところを観るのって本当におもしろい。

そして一番おもしろかったのは、
即席部門を見ている間に訪れた夜。

内装で夜になるとわかるギミックを入れてる方が多く
みんな夜を訪れるのを待ってたように、さっとじっくり部門に戻ってまた鑑賞。
夜を鑑賞するときには、手持ちのランタンを消すの大事ですね。

b0096814_15565084.jpg

お題ありの本作りと一緒で、
一つのテーマからそれぞれのイメージで作るバラバラの作品。
どれもがなるほどって思えて、でもみんな違う。

こういうのがやっぱりおもしろい。

個人的には、内装の横においてある、作者のテーマへの本?を読むのも楽しかった。
想像を膨らますって自由だ。

私ももっとがんばらなきゃ。
[PR]
by Kirill_Books | 2014-09-21 16:01 | イベント
北斗ブリテイン文芸大会 展示開始しました!
お待たせしました。
北斗ブリテイン文芸大会の応募作展示が始まりました。
b0096814_221566.jpg

現在全部で15作?
予想通りかわかりませんが、Anne首長は間に合っておりません。
きっと締め切りすぎた分だけ、すごいものを執筆していることでしょう。

■本を読んで感想を書こう!
b0096814_241580.jpg

今回も感想用空き本を用意しています。
1作の感想は1冊にでお願いします。
※後で作者に感想をお届けする時に迅速に行うため。

感想はこちらのポストに投函お願いいたします。
b0096814_261753.jpg


■感想書いてくれた方に景品を用意
そして、感想を書いていただいた方へ
ちょっとした景品をご用意しています。
b0096814_216483.jpg

こちらの執事の前でキーワードを言うと、ちょっとした景品がもらえます
キーワードは展示会場の"オーナー名"となります。

その他詳しいスケジュールや打ち上げパーティの件などは
後日詳細をお知らせいたします。

*応募作一覧(作者ABC順)*
[PR]
by Kirill_Books | 2014-09-06 02:34 | イベント
世界観のオプションあれこれ
春に北斗シャードで開催された文芸大会第2弾の告知がされました。
ブリテイン文芸大会 [Second] ~アンさまがよければすべてよし~ in Hokuto 告知
また色々読めると楽しいだろうなと思うと共に
私も書かなければ…という感じです。

詳しい内容はリンク先で確認いただくとして
スケジュールを転載いたします。

◇スケジュール
8/01(金)イベント発表
9/01(月)23:59作品投稿締め切り
9/05(金)作品展示開始&感想受付開始
9/28(日)感想締め切り&打ち上げパーティー



文芸大会にはいくつかルールがありますが
重要だと思うのはこちら。

1.UOの世界観に沿った物語
2.未発表の作品

○キーワード
・グリゼルダ
・アーティファクト
・本棚
・マフィン
・神殿

この中から1つ以上を使った物語を書いて投稿。
2つでも、3つでも、全部使ってもOK。

"UOの世界観に沿った物語"をどのレベルで行うかを決めなければ。

私が書く時は事前に色々設定を考えるのですが
世界観の設定はわりと気になります。

私の中では
・プレイヤー視点
・キャラ視点
の大きく分けて2種があり

キャラ視点でも
1)UOというゲームのシステムを理解したキャラ視点
2)ウルティマというファンタジーに生きるキャラ視点
のどちらにするかと考えます。

世界観についてのオプションをどうするか?みたいな感じでしょうか。

私の中での切り分けは例えば、
種族変換のトークンがトークンとして存在するか否か
とか
複数シャードがあることを理解していると考えるかどうか
という部分です。

ウルティマというファンタジーだと自分の世界しかないから
他シャードは存在してなさそうとか
トークンも存在してなさそうだなと考えるけど

UOというゲームのシステムを理解したキャラだと
他シャードはちょっとした外国レベルで存在していると理解してそう
ただ、ちょっと別シャード行ってくるねと新規にキャラを作るよりは
転送トークンで旅行に行く感じ。
プレイヤー視点ではないので自分が1キャラしかいないと考えたいとか。

ベンダーに転送トークンが売っていたり
性別や種族が変更できるのはそういうものがベンダーに売っているのを
見つけたということであればOKだけど
オリジンストアで買ったのはNGとか
微妙に自分の中の世界観設定ができてきます。

それで、どこまで広げられるかが変わってきます。

例えば、瑞穂にはブルーボアには、Pikkyという青い豚がいるけど
他シャードにはいないだろうから、瑞穂ならではの部分は省いた方がいいだろうなとか
逆にシャードの個性を感じたいから、こういうのはありにしとこうとか
そういうのを文章に出すかどうかが変わってきます。

私は基本的には"ウルティマの世界観を借りたファンタジー"な話にすることが多いです。

フェルッカとトラメルが分かれる前か後か、AOS入る前か後かみたいな
UOの歴史上で現在に考えるか、どこら辺の歴史で考えるかで
出てくるアイテムが変わってきます。

さて、今回の北斗の文芸大会の話。
まだ全然あらすじ考えてるレベルで、締切までの余裕のなさで焦っている感じですが
今回は
1)UOというゲームのシステムを理解したキャラ視点
こちらの設定にしようと思っています。

いちいち説明つけながら神秘ななんとかでやったら性別変わったとか
魔法のなんとかで気づいたらガーゴイルなってたみたいな
意味不明感でごまかした話にするのもアレなので
その存在も十分わかったキャラたちが出てくる話にしようと。



話を書いていると"ザ・ウルティマ"という話は
トラメルとフェルッカが分かれる前を想像して書くことになっちゃうんです。
でもいつまでもそれもよくないよなと思うところもあり。

色々増えた新しいアイテムを
どう世界観の設定をつけて出そうかと悩むものが増えたのも事実です。
(特にトークン関係)
でもそこはもうそういうアイテムなのだから
考えてもしょうがないかなと思い始めたりです。

やってみて、やっぱなんか違うかなと思ったら変えるかもしれないけど
一応こんな感じで色々悩みながら書いていく感じです。
[PR]
by Kirill_Books | 2014-08-10 01:11 | イベント
第16回北斗芸術祭 in ムーングロウ
北斗シャードで行われた
第16回北斗芸術祭へ参加してきました。
b0096814_2350247.jpg

用意したもの
◇密造酒シリーズ 5点セット 2,000gp (10セット)
・エルダベリーワイン
・ロイヤルガードエール
・ムーンシャイン
・ソルティードッグのポーズミード
・ホワイトローズワイン

◇"Request of story" Book 1,000gp(先着1名)
◇After Valentine's Day 500gp(4セット)
◇Governor's Bedroom 500gp(4セット)

バレンタインのと首長の本は前回の販売の残り物かな?
4冊ずつバッグに入っていたので売りました。

リクエスト本が売れました!
しかも初の知り合いじゃない、完全お客様に。
事前に上手く説明できなかったので、ちょっと不安でしたが
コメントいただいてましたので大丈夫そう。

-----
依頼主様へ
依頼確認いたしました。
一つ確認です。
お渡しした後
通常販売可であれば、本をお渡しの時に追加で1000gp
本当に依頼主様だけの本として今後販売不可であれば
受け渡しの時に追加で200Kgpお支払いいただきます。
どちらでしょうか?

今回は制作に1.5ヶ月想定しております。
6月末までには…お待ち下さい。
-----

閉会式までいて、帰りました。
b0096814_2356578.jpg


さて、気になる売上げは・・・25,000gp
お買い上げいただいた皆様ありがとうございました。
b0096814_23564931.jpg

[PR]
by Kirill_Books | 2014-05-17 23:58 | イベント