<   2006年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2.花嫁 ワンド 釣竿
前回の夢から数日。
毎朝本が気になり見にいったけど、不思議な言葉は書かれず。
だんだん忘れ去っていってた頃。
散歩から戻ってきた僕は拾った秘薬を数えながら家に入ろうとした。
入ろうとした・・・・が。
なぜかあの本が気になって、そーっと本をめくってみた。
b0096814_0304220.jpg
これはどう見ても私へのお手紙ではなく。
あの不思議な夢を見たときと同じ不思議な言葉。
なんだろう・・・・。
言葉を見て思い巡らせて見たけど、何も考えは浮かばず。
もしかしたらこの前の夢だってたまたまの偶然かもしれない。
この言葉も誰かのいたずらかもしれない。
そう思い込むことにして家に入る。


Coveの花嫁
2006/5/25

・・・・・。
[PR]
by Kirill_Books | 2006-05-29 00:26 | キーワード | Comments(0)
Coveの花嫁
「どうして今日に限って誰もこないのかしら。」
純白のドレスを着て銀行の前で立ってから数時間。
「ちょっとそこの人!よい儲け話があるんだけど、聞きたくないかい?」
叫んでも誰もいないここでは虚しく響くだけ。

今日は人生で一番重要な日なのに。
私はアンジェラ。
ニジェルムパレスで今日幸せな結婚式を迎える・・・はず。


つづき
[PR]
by Kirill_Books | 2006-05-28 20:34 | 夢で見たモノ | Comments(0)
1.はじめて 宝石 ベスパー
私の家のポストにあるこの本。
5日前から1つずつ単語が書かれていき、3つ書かれてから変化がない。
書かれた言葉は
b0096814_0553135.jpg
3つの言葉につながる意味は・・・?


10000 Diamond Bracelet
2006/05/12

・・・・・。
[PR]
by Kirill_Books | 2006-05-17 23:59 | キーワード | Comments(0)
10000 Diamond Bracelet
ベスパー銀行から少し歩いたところの宝石屋に彼女はいた。
宝石屋で働いているのにイヤリングも、
ブレスレットも、リングさえもしていない彼女。

狩りから帰った俺が持ってくる戦利品の宝石。
それを受け取り金に変えてくれる。
「いらっしゃい」「ありがとう」「またどうぞ」
半年通って聞いた言葉がこれだけ。
彼女はジョアン。
宝石屋らしくない、全く宝石屋らしくない女だ。

「ジョアンは宝石が好きか?」
いつも何かネタを見つけてはジョアンに話し掛けてみる。
それは「ジョアンは花が好きか?」だったり「好きな色はなんだ?」だったり。
ジョアンはただ、俺の顔を見て微笑むだけ。
今回も答えてくれるとは思わずに、ただ何気なく言ってみた。

「・・・ダイヤモンド・・・・が好きだったわ。」
思いもよらず、ジョアンからの言葉。
「へー、君が宝石を身に着けてるところを見たことないけど
どんなものを持ってるんだ?」
「私には・・・宝石を身に着ける資格はないの・・・。」
そこまでいうとジョアンは俺が渡した宝石分のお金をさっと
カウンターの上に出し、そのまま奥へ引っ込んでしまった。
「聞いちゃいけないことでも聞いたかな・・・」


つづき
[PR]
by Kirill_Books | 2006-05-16 19:01 | 夢で見たモノ | Comments(0)