<   2006年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧
だーりん?
b0096814_10474592.jpgYumaさんの酒場の日なので少しだけおじゃましてきました。
Yumaさんの噂のだーりんさんにも初めてお会いしました。
ブリタニアの夫婦は嫁のほうが強いのが慣例的なようで
Yumaさんとだーりんさんも例に漏れず・・・。*こほん*
男の方達が"だーりんだーりん"連呼する不思議な酒場でした。

えーと、"吟遊詩人アーロン"というおもしろい本があると
教えてもらったので今度読みに行こっと。
前に本屋さんをやりたいと思ってたのを思い出しました。
そろそろちゃんと考えよう。
[PR]
by Kirill_Books | 2006-06-30 11:47 | あの日の出来事 | Comments(0)
物々交換?
b0096814_2141290.jpg魔法の練習でYewの牧羊場に来ています。
"羊さーん、ちょっとまってー"
羊を追い掛け回して毛を刈って。
かわいそうだけど、魔法の練習のためにFire Ball。
羊毛から布が作れると聞いたので、せっせと刈り取ります。
テイオウさんが羊毛から布を作れば包帯に使えるので
その布を持っていけば交換で報奨布の服を
用意してくれると言ってたのです。
物々交換ですね。
ほしい服があったので、がんばって毛を刈ります。
b0096814_34104.jpgたしかMIKIさんがSpinning Wheelは2台あったほうがいいと
言ってた気がするので場所をブリテインの裁縫屋に移します。
2500枚の包帯を作りました。
早速酒場で飲んでるだろうテイオウさんに交渉するため
エルフカフェに行き、包帯を渡して、服を頼みます。
ふう、これでほしかった色の服が手にはいりそうです。
他にもほしい色の服があったので、さらに3000枚くらい包帯を
作って持って行くと、包帯にしないで布ボルトのまま持ってきたら、
他のことにも使えるのにと言われてしまいました。
そういうことは早く言って下さい!
[PR]
by Kirill_Books | 2006-06-28 03:14 | あの日の出来事 | Comments(0)
親愛なるエキドナへ
君と出会ったのはデスパイズの奥深く。
オーガロードと戯れる天使をそこにみた。
深紅の鎧に身を包み、舞うように次々と倒していく。
その姿を見た瞬間、俺は心を奪われた。

つづき
[PR]
by Kirill_Books | 2006-06-27 03:02 | 綴られたモノ | Comments(0)
5.Spirit Of The Totem お針子 修理DEED
今日は何色のKiltにしようかな。
自分で服を作れない分、毎日染めタブで色を染める。
かわいい色になったときがとってもうれしい。

お針子さんは毎日自分で好きな服作って、
好きな格好してるんだろうなー。
細工師さんもアクセサリーを作れるしいいよなあ。

・・・・。
こんな話をしてると、きっとまたあの本に何か書かれる気がする・・・。

そーっと、本を見に行く。
b0096814_22242187.jpg

ほら、やっぱり。
この本、私の話聞こえてるのかな。
今日の夢はどんなものを見るんだろう・・・。

私の黒熊♪

・・・・・。
[PR]
by Kirill_Books | 2006-06-26 22:35 | キーワード | Comments(0)
私の黒熊♪
*ちょきちょきちょき*
さあ、できたBulkで今日は何がもらえるかしら。

私はお針子兼鍛冶屋のチェルシー。
昔はブリテインの北鍛冶屋に毎日立ってたこともあったけど
今はこうやってバルクで稼いだ報酬を自宅で売ってる毎日。



つづき
[PR]
by kirill_Books | 2006-06-26 21:12 | 夢で見たモノ | Comments(0)
第2回のっふる杯 観戦
b0096814_1583929.jpg今日はのっふる杯というジョスト大会があるというので見に行きます。
蛇盾亭のGerrardさんとLunaさんが
出張酒場と賭けを取り仕切っていました。
せっかくなので、少しずつ賭けてみる。
挑戦者への賭けは一口1000gpで50口までだったのですが
お金がないので、5口で・・・・。
もちろん、MIKIさんは防衛で!
初めての観戦だったので、実は楽しめるのかちょっと不安だったけど
手に汗握る展開!って感じでとってもおもしろかった。
自分のお金がかかってる試合だと応援にも熱が入りますしね・・・。
b0096814_283870.jpg挑戦者のTriggerさんと前回優勝者MIKIさんの試合。
Yumaさんの応援が強烈だったかな・・・。
MIKIさんが防衛で2連覇達成しました。ステキ!
強い人は大好きです!
賭けも8000gp弱の儲けがでて終了しました。
アイドルTriggerさんとMIKIさまのおかげ。
そうそう、今日はLunaさんにネックレスもらったり
Selmarさんに入団記念と言ってサンダルもらったり、
テイオウさんにPads of the Cu Sidheもらったりした。
とってもうれしい!

これでサンダルは7種類揃ったけどあと何色がないんだろ・・・。
テイオウさんは、ドレッド?ていうのを倒しに行ったみたいで、そこで何個か取れたらしい。
長靴ぽいと言われたけど、これはこれでかわいいと思います。
ネックレスはいつかPendant of the Magiを手に入れるまで大切につけとこう。
お金がないので全く手に入れるアテがないんですけどね・・・・。
[PR]
by Kirill_Books | 2006-06-26 02:35 | あの日の出来事 | Comments(0)
いつかまた会える
「なにか面白いことはないかねぇ。」
ヘイブンステージ前のベンチに腰掛けながら待ち行く人を眺める。
私がブリタニアに降り立ってから数年。
世界中を駆け巡って、強いものを倒すことばかり考えて
いかに他の人よりも良い装備を手に入れるかばかり考えて
金儲けばかり考えて・・・。
一通りのことをやったと思ったとき、ふとここに戻ってきたくなった。

新たに降り立ってモンバットにも四苦八苦してるような
新米たちを見ながら、ぼーっと1日を過ごす。
私の超高級装備を興味の目で見られることが最初は優越感だったが、
今はそれもたいした刺激にはならない。

「・・・あれ?」
さっきから幽霊が何度も何度もヒーラー小屋まで走っていく。
それ自体は特に珍しいことではない。
新米つうものは、ある意味死んで強くなっていくもんだ。
ただ、さっきから通っている奴はあきらかにおかしい。
ヒーラー小屋で蘇生してもらっては戻っていき、また幽霊で戻ってくる。
あいつ・・・なんでそんなに死んでるんだ?
2006/06/25


つづき
[PR]
by Kirill_Books | 2006-06-25 20:06 | 夢で見たモノ | Comments(0)
サンダルを買うために
b0096814_2141089.jpg今日は早速銀行に入れていた洋服一式を家に持ち帰る。
整理整頓できたところで、今日のお着替え。
うーん、今日の服には緑色のサンダルを合わせたいところ。
持ってないので図書館コレクション寄付用の革取りと
魔法の練習を兼ねて、デスパイズのリザードマンを倒しに行きます。
色々探し回って見つけたサンダルの最安値が5000gp。
その金額を目標に倒す、倒す。
やっと貯まって買いに行ったときに店主さんに会いました。
聞いたところ、サンダルは全8色らしい。
今日ので4つめだからちょうど半分ですね。
b0096814_2212365.jpg買ったばかりのサンダルを履いて白熊亭へ。
すぐにテイオウさんが気づいてサンダルを褒めてくれました。
がんばったのを褒めてくれたのがうれしい。
今日の話題は主に、Yumaさんの料理のことなんでしょうか・・・。
とてもすごい料理らしいのですが頼まないほうがいいそうです。
うーん・・・。
あと、Troyさんがchocoさんにお説教されてました。
でもTroyさんが怒られるようなことしてたのでしょうがないですね。
店の外でぽつんと1人で飲んでる姿は、哀愁がただよってました。
[PR]
by Kirill_Books | 2006-06-25 02:52 | あの日の出来事 | Comments(0)
昔話のお花
b0096814_2385321.jpg騎士団食堂では昔の違う破片の話や装備(主に盾?)の話しなど
色々難しい言葉が飛び交ってました。
がんばって聴いてたんだけど盾や装備をみて"それいいねー"って
すぐわかる人たちはすごいなーと思いました。
ごめんなさい、なにがいいのかさっぱりわかりませんでした。
銀行が服でいっぱいになってきたので、そろそろ整理しないと・・・。
家に服を整理する場所を作らないといけないですね。
髪の色は1回50gpで変えれるはずなのに、迷いながら変えていると
いつのまにかエスコート代の半分以上使ってたりする。
お金って知らない間になくなるもんなんだなー・・・。
[PR]
by Kirill_Books | 2006-06-24 02:52 | あの日の出来事 | Comments(0)
図書館会員になりましょー
b0096814_1461738.jpgテイオウさんとぼったくり酒場(?)というところに行く。
以前に白熊亭で会ったことのあるYumaさんのお店でした。
ここでは青汁をいただきました。
おいしくて気が遠くなるようなクセになる味なのに、
1人でガブガブ飲めないのがもったいない。
図書館に寄付したらもらえるランタンがほしいと思ったら
なんと図書館の会員にならないと寄付もできないんですね。
図書館の会員になるにはイルのサソリを倒さないといけないとか。
今の私では無理な話ですので、テイオウさんにお願いしました。
giant beetle に乗った方が良いと言われますが、
アレに乗るのは私の美学に反します!
[PR]
by Kirill_Books | 2006-06-23 02:22 | あの日の出来事 | Comments(0)