<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
もやもやタイム
一つの話に集中できないのか、
二つくらいのネタを交代に考えたり書いたりすることが増えてきました。
今も二つの話の内容を色々考え中。
一つはWizard!!!の3rdの話。
今回はもう一つのほうの話をしたいと思います。


MBFとは別に個人的にお題をもらって書くことがたまにあります。
三題とかとはまた違うお題の出し方で、
こういう人が出る話しがいいなーみたいなお題をもらいます。
普段の私の書いてる話しの傾向がわかっていて、
自分の希望していた話にならなくても怒るなよっていう
暗黙の了解のもとに行っているものです。

大体制作に約2ヶ月間いただくので、忘れた頃にできますよーって感じなんですが…。


今回のお題、実はひっかかる部分があるんですよね。
もらったのは、
『ひたすら効率のみを求めた戦士とまったりプレイの料理人の対極な2人の話』
なのですが…。

時間の使い方に対しての効率、まったりという対極なのかなと考えているのですが、
私にはこの二人が対極にいると思えないので、困ったものです。

他にあるかな。
効率的なお金の使い方、効率的な移動の仕方、効率的な食事の仕方…。
どれもしっくりいかないような。

まったりってどういうこというんだろうとか、もうここまできたら
一つ一つの言葉が疑問に感じるのです。
まったりってなんですか、ぼーっとしてることですか?違いますよね?
狩りとか好戦的じゃないことですか?
でもまったりとかいいながらギルメン燃やしたりしてる人たちもいますよね?

まったりとゆっくりって意味同じですか?違いますよね?

効率ってなんですか?お金にならないことはやらないことですか?
でもルニでたら全部売っちゃえばいいのに、自分で打っちゃったりしますよね?
それって効率からいうと効率的じゃないですよね?

効率と守銭奴って同じ意味ですか?違いますよね?

なんて色々考えたりします。
人によってニュアンスは微妙に違うと思いますので、
こんな考えもあるのだなー程度に思っていただければいいと思います。
[PR]
by Kirill_Books | 2008-10-19 20:55 | 思いつつ | Comments(2)
≪新刊案内≫Wizard!!! 2nd Story &Nostalgic smell
というわけで、第7回MBFにて販売した本です。

■ Wizard!!! 2nd   2冊組

MBFが第10回になったときに完結するように、全5話構成で考えている話の第2話目。
実は少しだけ後悔してるんですよねえ…。
毎回新しい気持ちでその時気になったものを書きたいのに、
続き物だと前回の話を思い出したりどういう設定だったっけとか、
今回ではこういう終わりにしとかないと後に続かないしとか
考えながら書かなきゃいけなくて…。
続き物なんて思わなきゃよかったーと。
でも自分が普段やらないことに挑戦ということでがんばろーって思ってます。
こういう話を入れ込もうとか、この時季だからこういうこと入れとこうとか、
ちょっとずつ関係も変えてみようとかそういうことを考えながらやってます。
それと、ちょっとずつ書いていくので今までの一気書き方法が改善されていいです。

ちなみにMBFが10回まで行かなかったらこの話も途中で終わりです。
完結するのかなー?しないのかなー?どうなるんだろう。

ハロウィンぽい感じと成長がテーマです。

■ Nostalgic smell  2冊組

以前の記事に書いた
鍵コメ 様のくれたきっかけ
これで言っていた話しがNostalgic smellでした。
この話はややこしいです。
自分でも書きたいことの半分も表現できてないことはわかってます。
でも売りたかった…。

表テーマが生産者の罪
裏テーマが生まれる前の記憶が起こす衝動

こんな感じでした。


今回は両方とも暗めな感じだった。
次回は今年中に開催するなら12月になるだろうし、ふわふわした話が書ければいいなあ。

一応今のところルナベンダに補充してあります。
次回のMBFには店なのか書斎なのか展示場なのかわからない場所が
お伝えできればいいなと思いつつ。
[PR]
by Kirill_Books | 2008-10-13 18:53 | Kirill Book Store | Comments(0)
第7回 Mizuho Book Festa
b0096814_1881163.jpg前半まったりMBFのネタ開催回の話。
後半授賞式終えられた皆さんが参加。
そんな感じの7回目ですが無事開催いたしました。
本関係イベントが重なったので見たことあるーや読んだことあるーな人がいっぱいいて楽しい感じでした。
受賞者がその場で受賞作を売ったりしてたっぽくて、こういう流れっていいなと思ったり。
その知識は一体どこから!みたいな話に参加したり、Clothoさんにちょいと自慢しちゃったりで、いつもよりゆっくり人と話せてよかった。
実は次回はネタ開催回になりそうだったのですが、ギリギリで一応やめようって言いました。
そういうのは簡単にやっちゃダメデスヨネ。

では、第8回MBFでまたお会いしましょう。
[PR]
by Kirill_Books | 2008-10-13 18:28 | イベント | Comments(0)
鍵コメ 様のくれたきっかけ
それは、あるコメントに対する気軽に書いた自分のコメントがきっかけでした。

>鍵 様
ありがとうございます。
少し分けていただきたいです。
しかし!
ちゃんと御代は払います。
むしろ払わせてください。
私のお金は一応きれいなお金なはずですので安心してください^^

書いたコメントを確認して、一つの単純なる疑問が出てきたのです。

きれいなお金ってどういうものだろう?
汚いお金ってなんだろう?

その後すぐにメモ帳を開いて私はこのように書いていました。

きれいなお金
血のついたお金
泥のついたお金
道に落ちてるお金
拾ったお金

お金にきれい・汚いはあるのだろうか?
きれいならよくて、汚かったらダメなのだろうか?
どんな行ないで手に入れたお金ならキレイで、どういうのなら汚いのだろうか。
キレイなお金の見た目はどういうもので、汚いお金はどういう感じになっているのだろうか。
そんなことを考えながらふらふらと書き始めたファイルの仮タイトルは"匂い"でした。
こんなきっかけをくれた鍵コメ様には感謝の気持ちです。

一応すでに書きあがっている状態ですが、
これをどのような形で表に出そうか、
それとも出さずに閉まっておこうかそんなことを考えています。

日曜日まであと一週間。
[PR]
by Kirill_Books | 2008-10-06 12:00 | 思いつつ | Comments(0)
ブリ銀にいた書く人
ふらふらしていたら、ブリ銀で本が数冊積み重なっていました。
近づいて読んでみると、ペットモノのショートストーリーのよう。
作者の方曰く、本業ではなく好きで書いていると言っていましたが読みやすかったです。
全部が全部ハッピーってわけでもないところが特に。

こういう人がたまにいるから楽しいんですよねぇ。
好きだから書いてるって感じが良い。
そうだよなー、
好きじゃないと書けないし、楽しくないと書けない。

書くってこと、読むってことをもっとシンプルに考えたいな。
[PR]
by Kirill_Books | 2008-10-02 21:04 | あの日の出来事 | Comments(0)