<   2014年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
≪新刊案内≫After Valentine's Day
(画像が上手く入らないので後日)

新刊をベンダーに置きました。(瑞穂・桜)
After Valentine's Day(100pガーゴイル本) 全1巻
b0096814_01244090.jpg
北斗ブリテイン文芸大会に提出した本

100pガーゴイル本に"バレンタインの後"をテーマに
3篇を収録した短編集みたいな感じの本です。

バレンタインの後ということで恋愛な3篇になっているので
不得意な方もいるかもしれませんね。

1と3は歌のタイトルっぽいのからとってきて
そのタイトルに合うように内容変えたところもあるかな。
2篇目はネタ優先だから、歌のタイトルつながりはできなかった。

1.I Hate You But I Love You
最初だったのでわりとさくさく書けた話。
物事が動かない、色々考えるけど結局同じ場所という感じの話しにしたくて
こうなった感じです。
動いてないけど、何もしてないけど、当の本人は何にも考えてないわけじゃなくて
色々考えてるんだけど、だけど動けないってなんか少女マンガっぽいかも!と
思って書いたんだけど、大きく違うところがあった。

少女マンガはまわりに状況を動かしてくれるようなおせっかいキャラがいるんだった!

2.コ イ
これは元ネタがあったので、結構軽く書けました。
その場の思いつきで話したことが、後から本になるとは思わなかったでしょう。
私も思いついたまま話してる時は、何にも考えてませんでした。
数日後、あの時の話今回のテーマにあってるじゃん!と思ったのでした。

3.Love Affair
さすがに3篇目になると思いつきじゃ書けず。
すでに書いてた2篇の傾向を見て、かぶらない話にしました。
書いてる時は意識してなかったのだけど、子猫とか出てきてて
気づかないうちに今年っぽい話になっていた。


私は連載とか、長い話を書くタイプではないです。
色々考えて試してみたことはあるけど、
ショートストーリーをどれだけバリエーション書けるかが
やっぱりキリルらしいところなんだろうなと思ったりです。

ここは昔を考え方が変わってなくて、ちょっとうれしかったことかな。

なので、同じテーマで書きわけられるかと試したのが
自分的におもしろくて楽しかった。


◇瑞穂ルナのベンダーに入れたその他のもの
b0096814_01025278.jpg
05■俺のタニア -Tanya is Mine- 全2巻
06■いつかまた会える -Some Time- 全2巻 
07■背徳の聖騎士 -Paladin of immorality- 全1巻 
08■トレハン エボリューション -TOREHAN Evolution!!- 全2巻

注目は05■俺のタニアと08■トレハン エボリューション
05■俺のタニア
初期で初めて話の雰囲気が04までとガラッと変わった話。
他シャードに持ってく本を選ぶ時に、かなりの確率で選んでた気がする


08■トレハン エボリューション
今のトレハンしか知らない人には話の内容がわからないかもしれません。
書いたのは2007年4月。
まだトレハンがリニューアルされる前の話です。
トレハン変わったらいいのになと思いながら、書いた話。
リニューアル後と当たらずとも遠からず…と思ってるんですがどうでしょうか。

◇桜のベンダーにもAfter Valentine's Day入れました。
その他の本は以前と同じです。
b0096814_01025189.jpg
ガーゴイル本作れるようにスキル上げしてみたのですが、
スキル50になって作れるようになってから気づきました。
空スクロがない・・・。
結局1冊だけ作って、あとはベンダーから買わせていただきました。

あと、オーナー様へ私信。
セキュアが、外から使えなくなっていたのですが場所変更などあったのでしょうか。
ベンダーにセキュアから補充ができなくなっていました。
[PR]
by Kirill_Books | 2014-03-24 01:02 | Kirill Book Store
北斗ブリテイン文芸大会 打ち上げパーティ
昨日は北斗ブリテイン文芸大会の打ち上げパーティに行ってきました。
b0096814_19243453.jpg

桜の本イベント終わって一週間後くらいに告知始まったので約2ヶ月?
長期間なイベントがようやく終わりました。
スタートは予定時間より30分ほど遅れてしまいましたが
相変わらず専属設営職人が良い仕事をしてらっしゃる…

あ、本を書いた方にはこれから感想本お届けがあるので
まだ全て完了ではありませんね…

主催のアン様から記念品と一言感想をもらいながら
作者さんそれぞれのコメントなど聞けて楽しい時間でした。

本を読むときは椅子必須という決めてる方がいらっしゃいましたが
ハイドで読書がマイルールです。
本に集中したいから話しかけられる可能性をなくすためと
同じ会場にいる方もきっと集中されてるだろうから、
変に目障りにならないようにと思っているからです。

色々読めてたのしかったな。
感想書くのって大変なんだなと実感もできとてもよかったです。

反省点も色々ありましたが、楽しいイベントになってよかったです。
---
これで依頼本と文芸大会関連が3月中に終わることができたので
4月はしばし休憩タイムです。

書いてみたいと思っていたネタが形になりそうなので、
それの実験などで4月を過ごそうかと思います。
[PR]
by Kirill_Books | 2014-03-23 19:43 | イベント
【依頼1402】Lost and Found 納品完了
【依頼番号1402】Lost and Found 全1巻
完成したのでSUSさんに納品してきました。
b0096814_12245913.jpg

---
パターン①
/キーワード3つ
・釣竿
・羊(Sheep)
・フロッピーハット
---

お渡し後、検品してもらう。
b0096814_1225831.jpg


SUS: 何と言いますか
SUS: うん
SUS: これこそ
SUS: ほんわかなんだろう
Kirill: ほう・・・
SUS: 想像していたものというよりは
SUS: こうであったら嬉しいものでした

予想とは違うけど、
これはこれでOK的な感じ?


◇書き終わってみて
■Lost and Found 全1巻


今回は癖がないと思われるキーワードだったので
何をテーマに書くか決めるのに時間がかかりました。
どうしても"釣竿=釣り=海"で海での冒険ぽい話が思いつくのだけど
今そういうのじゃない気がする…と思ったり。

SUSさんの好み的にはSmoke Potionみたいな話がいいのかなとは思ったけど、
だからこそ違う系統の話にしておきたい。
結構色々考えました。

狩りの合間にさらっと読むのに最適な1冊みたいなイメージと
春なので出会いの話にしようと、そんな感じで書いた本です。

そして…今回タイトルを決めるのに3日くらいかかった!
タイトルになりえる要素が色々あって、どれを使うか悩んだし
考えてたイメージの言葉を英語にすると、
すごい大げさになっちゃうんですよね。
日本語の細かいニュアンスを英語にするって難しい。

それで色々悩みました。

結果的にこのタイトルでよかったなと思います。

英語直訳すると"遺失物取扱所"らしいのですが
失うと見つけるって単語なところが良いなと。

SUSさん今回は無理な取引からご依頼ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いいたします。

-----
3月の新刊発売は、間に合えば北斗ブリテイン文芸大会に出してた
"After Valentine's DAY"
間に合わなかったら、"Lost and Found"の予定です。

間に合うかどうかは、
After Valentine's DAYのテキストベースの原稿が完成していないというのが一番の理由で
(だから北斗シャード以外で原本を作る準備ができていない)
あとは、桜シャードだとガーゴイル本を自分で作成できないので
そういう本は後回ししたほうがいいのかなとかそんな理由です。
[PR]
by Kirill_Books | 2014-03-22 12:28 | Kirill Book Store
桜シャード ベンダースタート
桜シャードでベンダーを置かせてもらえることになりました。
場所はこちら↓
b0096814_3181471.jpg

ルナ南門を出て、バッグボールコートの隣?です。
※この場所に縁がある気がします。
b0096814_319644.jpg

櫻堂さんのルーンブックステーションがあるとこの裏というか、
なんというか・・・浮いてる場所です!
なんだかキリルさんと似たような格好の人が・・・
b0096814_3204285.jpg

ベンダーにどうやって入れたらいいか迷って迷って
結局【01】から【05】を入れた状態です。
これ、この中身用意するだけで2日かかったっていう、
どれだけ作業遅いの、私・・・って思った。

---現在入れてるモノ
【01】10000 Diamond Bracelet 全2巻
戦士が贔屓にしてる宝石屋のちょっと変わった女主人の謎の話。
宝石は好きですか?

【02】Coveの花嫁 -Bride in Cove- 全2巻
今日はニュジェルムでの結婚式。
人生で一番幸せな日なはずなのに、なぜ私はまだCoveにいるの?
花嫁アンジェラと青年の話。

【03】Last scene 全1巻
いつも冒険者たちが集まりにぎやかな酒場のマスター。
だけど、旅立たなければいけない日がくる。
気になるのはルルのこと・・・。

【04】おじーさまの魔導書 -Grandfather's SpellBook- 全1巻
ニララとハムムは双子の姉妹。
旅から帰ってきたおじーさんに世界の出来事を聞きます。
"私たちもかわいい狐に変身してみたい!"

【05】俺のタニア -Tanya is Mine- 全2巻
森の中に住み人とも関わらずきこりばかりしていたドリアス。
彼の前にとってもかわいいタニアが現れた。

---

本当は櫻堂の方や、助けていただいた方に、本入れたと伝えてから
ブログ書こうと思ったのですが、
やっとできたーっていううれしさで書いちゃいました。
[PR]
by Kirill_Books | 2014-03-15 03:27 | Kirill Book Store
【依頼1402】依頼承り & 途中経過
【依頼番号1402】
少し前に依頼承っておりました。

-----
/依頼番号:1402
/取引(本、お金)シャード:瑞穂
/取引キャラ名:SUS
/通常販売(可・不可):可
/依頼内容
パターン①
/キーワード3つ
・釣竿
・羊(Sheep)
・フロッピーハット
-----

私がほしいものをSUSさんが持っていて
SUSさんは依頼してみたかったようなので
物々交換のような形で取引をした今回。
完全に私が得してる取引な気がしておりますが
それでも良いと言っていただきありがとうございます。

北斗のイベント用本終了後に手を付けると事前に話しておりました。
感想まだ全部書けてないけど、さすがにそろそろ手をつけないと。

さて、今回のキーワード、癖がなくて難しい。
最初にキーワード見て連想されるものを書き出してみるのですが
それができない場合(何も思いつかない場合)
適当に話を書き始めてみます。

今思いつく話にキーワードをからめられるかどうか…というのを
やってみる感じです。

それで2回くらい途中まで書いてはボツにしてて
今は3回目に挑戦という感じです。

ちなみにボツった2案。

1.
船に乗った釣り師がどこかの陸地につくたびに仲間を増やし
(戦士とか堀師とか牧羊家とか=船直すのに必要な材料作れる人)
最終的にコーガルあたりを倒しに行く。
→登場人物増えて1冊に収まらない気がするのでボツ。

2.
特殊な配達依頼を受けた釣り師が向かったのは
航海になれた者しかたどり着けない孤島だった。
そこにいたのは、ある一人の女性。
一人しかいないはずなのに、同時にいろんなことができて
要領良すぎておかしなことになってるなと思っていたら
実は女性はカリュなんとかが化けたもので、
同時にいろんなことができてたのは触手が働いてたからだったー!
→私だったら、そんな化け物でも好きだーみたいな話にしそうだし
そうなるとまだダークぽい話になるので書くなら今じゃない感じでボツ。


あとは、
釣竿を取りづらい場所にあるものを取るのに使うアイテムとして
登場させることで、盗人の話だったり。
羊→羊毛から裁縫屋の話と思ったけど、北斗ので裁縫屋出てきたから
続けて同じ職業はやめとこうとか。

なんとなく考えつつです。

さて、どんな話になるのでしょう。
仕事というのは大げさですが依頼として受けたものだからこそやる気になります。



---
キーワードの使い方に関して一つ。
キーワードは文字面としての使い方でOKと思っています。
たとえばハンマーがキーワードだとして、
サモハンマーベラスという人名として使うことで
キーワード使ったことになる、みたいな。
秘薬のキーワードでマル秘薬品て言葉でもOKとか。

そんな変化球もありではないでしょうか。
[PR]
by Kirill_Books | 2014-03-11 19:45 | Kirill Book Store
北斗ブリテイン文芸大会展示開始 & 補充
北斗で現在行われている本イベントの応募作が展示開始されました。
展示会場はこちら↓
b0096814_21465464.jpg

内装も素敵ですっ!
b0096814_21472192.jpg

読み応えたっぷりの14作品。
今回は、読者側が読んで感想を書いてポストに入れると景品がもらえるそうなので、
本は書けないけど感想くらいはという方にはいいのではないでしょうか。

私は応募+感想も書いて両方の景品を狙うつもりです!

しかし・・・感想書くのって難しい。
一気に読むと疲れてしまうので、少しずつ通って書くつもりです。
今はちょうど半分くらいかな。
でも最後に超大作らしい作品を残しているので、まだまだ・・・。

こちらで売ってるベンダーの無料本に書いて
b0096814_21521618.jpg

こちらのポストにポーンです。
b0096814_21522482.jpg

感想は1作につき、1冊に書くのがルールのようです。
あとでまとめて各作者さんに渡す時に、まとめて書いている本があると
主催が書き写して渡すという泣きそうな作業が発生してしまうためです。
また、それによって渡すのに時間がかかってしまうので、
感想を書かれる方は、たとえ一文字の感想でも、1作の感想は1冊に!

ちなみに私の本は、ガーゴイル本で自然染料で色つけてみたら思っていた色にならず
色抜いてみたら、真っ黒になって、さらに色つけたらすごいわかりづらい色になったという
お皿に乗っている本です。

---
ベンダーを見てみたら、売り切れの本がありました。
買い上げいただきありがとうございます。
補充いたしました。
b0096814_2216259.jpg

次回は・・・
北斗の打ち上げパーティ終わった後に、北斗の本を持ち込もうかなと。
テーマ的に春に出しといた方がいいんだろうなという感じで。

北斗の感想文を書きつつ、次の話をなんとなく考えているのですが
それはまた別の記事で報告いたします。
[PR]
by Kirill_Books | 2014-03-09 22:06 | Kirill Book Store
EM kanataさんとアン様に捧げる本
先日制作一段落したと言っていたのは、
北斗で行われる本のイベント用の本でした。
ブリテイン文芸大会 ~アンさまのお気に召すまま~ in HOKUTO
ブリテイン文芸大会 続報! 会場&原稿料決定(2/18追記)

展示は3月7日(金)22時ごろからを予定しているようです。

ゆまさんが展示場所わからないと書いていたので説明いたします。
北斗シャードのこちらです↓
b0096814_191265.jpg

どうでしょう?
行けそうですか?

こちらは展示してる本を読んで感想を書くまで含めてイベントで
感想本用の本ベンダも置いておりました。
b0096814_1915515.jpg


明日の22時ごろから展示ということですが、
楽しみでしょうがありません。

---
さて、今回イベント提出のために書いた本。
後日詳細に書こうと思っておりますが、このテーマを決めたきっかけを先に書きます。

脱ダークな話を書こうと思っていた今回の話。
久しぶりで、なかなか思いつかない。
いやー、どうしようかなーと思っていたところに、EMイベントがありました。
2月にあったバレンタインイベントです。

戦闘もなく、まったりとしたイベントでしたが、
私はブリタニアの恋人達の話が読めて大満足!
いいなーこういうのいいなー。
それが今回の話を書いたきっかけです。

バレンタインイベントでしたので、楽しませてくれた
EM kanataさんへの感謝を込めて、テーマを"バレンタインの後"としました。

初のガーゴイル100p本に、3篇書きました。

"バレンタインの後"をテーマに
3篇とも書き出しは一緒で
イベントのキーワードを使い
3篇とも似ないように書き分ける。

そんな感じで書いた本です。

明日以降展示会場で展示されると思いますので、
ぜひお時間あればご覧ください。
[PR]
by Kirill_Books | 2014-03-06 20:23 | Kirill Book Store
うろ覚えブリタニアで遠足
昨日1つ制作がひと段落したので、ちょっと一休みします。
今日は急に思い立って、一人遠足しました。

デスパイズからベスパーを目指します。
ちなみに頭の中のブリタニアマップはこんな感じ↓
b0096814_20531790.jpg

たぶん、だいたいあってる。
たぶん・・・。
ブリテインから南西方向にいくと、気づいたらトリンシックにいる。
コーブ、ベスパー、ミノックは海岸歩いてたら通るから
たぶん近いと思う。
トリンシック行く時にコーブとかの名前見ないからきっとブリテインから北の方かな?
そんなアバウトな感じで出発!
b0096814_164511.jpg

デスパイズのある山?のふもとっぽいところをずーっと北方向に行きます。
山と山の間みたいなところがあったので、そこ通ったら、道に出た。
b0096814_185872.jpg

東西に伸びる道。
どっちにいこうと迷うけど、とりあえず西に進んでみる。

これなに?
b0096814_1103484.jpg

ガードの訓練所かな?
b0096814_111153.jpg

三叉路みたいなところにきて、看板確認。
・・・ベスパーミノック方面は今来たほうだった。
b0096814_1114855.jpg

逆方向来てた・・・。
も、もどります。
b0096814_1131164.jpg

途中で砂漠見えて、慈悲のアンクある!と思い、寄り道。
ここ前に書いた本に出したんだよな。
明確にわかるように書いたわけじゃないけど、私のイメージだとここ。
こういう風に、書いて登場した場所めぐるのもいいなー。
b0096814_1143981.jpg

ここガードポストって昔言ってた気がしたけど、固有名詞なのかしら。
b0096814_116790.jpg

大丈夫、道あってる。
b0096814_1165092.jpg

あとは、ずっと道なりに走って走って。

ベスパー首長官邸にたどり着き、ゴール。
b0096814_1193439.jpg

たまには魔法やゲート使わない遠足も楽しい。
[PR]
by Kirill_Books | 2014-03-04 01:22 | あの日の出来事