<   2014年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ソルティドッグのポーズミード
密造酒にまつわる話を書くのが最近は楽しいです。
4月に1か月考えても話が1つまとまんないってことがあって
そのくすぶった何かを吐き出すかのように、
なんとなく考えては書いたりしております。

最近はルナでぼーっとしながらそんなメモみたいなあらすじを書いてばかりだな。

この前見つけたのはソルティドッグのポーズミード。

ソルティドッグはブリテインの酒場ですよね。
地下あるとこの。

ポーズミードがわからず調べてみました。
ポーズミードで検索してもこれというものが出てこないので、"ポーズ"と"ミード"にわけて検索。
ミードはハチミツ酒のことだとわかりました。

で、ポーズ。
最初はハチミツ酒の材料で木とか花とかの種類のことだろうかと思って
色々検索したのですが、うまく引っかからず。

足って意味ですって出てきて、
Salty Dog Paws Meedって塩犬足のハチミツ酒って変な訳になります

次に、産地とか場所の名前かと予想し
"ポーズ ウルティマ"で検索してみました。

そうすると、ヒット。
ウルティマのゲームにはポーズ(Paws)という村が存在していたのですね。
ウルティマ7では貧困の村と書かれていました。

ということは、ポーズという村で作られたハチミツ酒をブリテインのソルティドッグで販売していた。
ということになるのですかね。

それを海賊が手に入れたと。

貧困の村がどうにか村にお金を…と思って試行錯誤して作ったのがハチミツ酒だったのかなー。
そして、何とか大都会で売れたらと売り込んで。
置いてくれたのがソルティドッグだったのだろうか。

それともポーズから出稼ぎに来てソルティドッグで働いていた店員が
地元のお酒を置いてくれないかと店主に頼んだのかな。

ソルティドッグってそもそも、ブリテインの中ではさっぱりな酒場ですよね。
ブリ1銀に近いキャッツレアー。
みんなの人気、ピッキーがいて、水晶のメッセージでも出てくるブルーボア。
それに比べると、ソルティドッグって…

もしかしたら、ソルティドッグが赤字経営を埋めるために
古の村のハチミツ酒復活!とか言って、
売り出したのかもしれません。

という方向で想像するので正しいのだろうか。
ポーズミードって別の意味があるのかなー。

…なんて考えてるのはすごくすごーく楽しいんですけどね。
楽しいんですけどね…。

4月に書こうとしていた話をまとめられてないことに対しての
現実逃避行動だとはわかっているのですが、やめられません。
[PR]
by Kirill_Books | 2014-04-26 10:09 | 思いつつ | Comments(2)
≪新刊案内≫Elder Berry Wine
新刊をベンダーに置きました。(瑞穂・桜)
Elder Berry Wine 全1巻
b0096814_044232.jpg

昨日ブログに書いたみたいにそこまであらすじイメージできてるなら
書いてみようかなーという感じで書いた本です。
1時間くらい…?
また本に書き写す時間のほうがかかってる。

海賊が持っている密造酒"エルダベリーワイン"という
お酒のネーミングから勝手に思い浮かんだ信憑性の全くない話です。
b0096814_123495.jpg

お暇な時にどうぞ。

普段結構信憑性とか整合性とか(コレでも一応!)考えながら書いてるので
全く調べ物しなくてもいい状態で書けるって楽…って思いながら書いてました。

最初は売る気なかったんだけど、そういえばちょうど前に新刊だしてから
約1ヶ月だなと思い、これを4月の新刊にしました。
まだベンダに並べてない新刊あるなぁ…
忙しくて全然書けない時があると思うので、その時に出そう。

結局4月に試行錯誤してた本はできあがらず…。

◇瑞穂ルナのベンダーに入れたもの
【09】魔法の言葉 -Word of Magic- 全1巻
【10】甘い記憶 -Sweet Memory- 全1巻
【11】誰も知らない -No one knows.- 全4巻
【12】フラワーショップ ソフィアにようこそ -Flower Shop Sophia-全2巻
【46】Elder Berry Wine 全1巻
b0096814_0484728.jpg


注目は…難しいな。
ちょうど"魔法の言葉"がUO三題噺の第1回目提出の本で、
ここから本当に濃い物書き生活がスタートした。
この中で感想をもらうことが多かったのは、
【12】フラワーショップ ソフィアにようこそ -Flower Shop Sophia-全2巻
2冊組みですが、1巻2巻というわけではないです。
バラバラの本を両方一緒に読み進めてもらうとさらに楽しめるかと。

◇桜のベンダーに入れたもの
【01】10000 Diamond Bracelet 全2巻
【02】Coveの花嫁 -Bride in Cove- 全2巻
【03】Last scene 全1巻
【04】おじーさまの魔導書 -Grandfather's SpellBook- 全1巻
【05】俺のタニア -Tanya is Mine- 全2巻
【06】いつかまた会える -Some Time- 全2巻
【07】背徳の聖騎士 -Paladin of immorality- 全1巻
【08】トレハン エボリューション -TOREHAN Evolution!!- 全2巻
【09】魔法の言葉 -Word of Magic- 全1巻
【10】甘い記憶 -Sweet Memory- 全1巻
【44】After Valentine's Day 全1巻
【46】Elder Berry Wine 全1巻
b0096814_0541520.jpg

桜は入れ替えじゃなく、詰め込んできました!
次はさすがに入れ替えよう。
[PR]
by Kirill_Books | 2014-04-22 01:05 | Kirill Book Store | Comments(0)
エルダさんのエルダベリーワイン
最近、お隣さんのすすさんに何度か海に連れて行ってもらいました。
海賊討伐をしていると、
海賊が持っている食料や密造酒におもしろい名前がついてることに気づきました。

何種類あるのでしょう?
気になります。

この前見たのは…
エルダベリーワイン
ロイヤルガードエール
とか
あとはムーンシャイン
とか?

ネーミングがいいです。

エルダベリーワインを調べてみたら
そもそもエルダーベリーという木の実?が実在するのですね。

エルダーベリーは検索してみると
ビタミンA、ビタミンCを豊富に含んでいるため、老化や病気の予防、
目の健康維持、美肌・美白などに効果を発揮します。

と書かれていましたので女性のぴったりのワインのようですね。

Elder Berry Wineで検索してみたら、
UOのサイトがひっかかったので綴りもこれなのでしょう
普通に存在しそうな飲み物の名前だ。

最初はエルダさんが作ったワインなのかと思っていたのに。
イメージとしては園芸屋さんのエルダさんが女性のために作ったワインて感じのイメージが膨らんでて。

魔女の宅急便のキキのお母さんの部屋みたいな所で
いろんな植物育ててガーデニング素材としても売ってたり、
それの実とか煎じたりして薬作ったりして。
アルケミストの園芸屋みたいな感じ。

そこにある女性がやってきて。
日焼けして健康的に見えるけれど、本人はちょっと気にしてて。
海で働く人がいいな。
毎日海で照り返しとかあって目も痛くて。
海は好きだけど、肌の調子も悪くて。
薬は好きじゃないけど、このままじゃ年取ったらボロボロになっちゃうし、
目も見えなくなっちゃうかも!と不安でエルダさん所にお悩み相談。

エルダさんはエルダベリーワインを出して
これなら薬じゃないし、毎日飲んでも飽きない味だし、
健康にいいモノ使ってるから予防にはなるんじゃないかしら?とか言って渡して。
作り方も教えてあげて。

結局悩める女性は海で働くとはいっても釣りとかじゃなくて海賊で。
そんなこんなでエルダさんのエルダベリーワインは海賊に知れ渡ったのでした。

とか考えてたのに!
全然エルダさんのワインじゃなかった。


ちなみに
ムーンシャインはあれね、超キザな話ね。
ロイヤルガードエールはガードと海賊の腐りきった癒着の話ね。

海賊の密造酒を手に入れて飲みながら、
シーマーケットに帰りがけにそんな想像をしている。
海賊討伐は楽しいです。
[PR]
by Kirill_Books | 2014-04-20 19:15 | 思いつつ | Comments(2)
定まらない二人
4月入ってからずっと書いては消し、書いては消ししております。
登場人物二人の設定が定まらない。
b0096814_1304325.jpg

1.恋人二人
最初から恋人設定。
なんか最初からそれって楽しく思えなくて没。

2.細工屋と花屋
細工スキルのことわからなすぎて話が進まない。
花屋のことも全然わからなくて没。

3.武器装備オーダー屋と戦士
細工だからわからないのかと、オーダー屋にしてみたけど
なんとなくぼんやりとしたことしか書けないなと没。

4.特に職業のない二人
職業で書けなくて進まないなら、
職業がわかりづらい話にすればいいかと思ったら
それはそれでキャラの生活感が見えてこなくて
普段の会話が進まなくて没

5.細工屋とPKK
話がちょっと進みそうとは思ったけど、いまいち・・・
方向性はちょっと変化した分見えてきた気もする。

そして今6設定目で考え中。

一応こんな感じで色々考えては消してをしております。
普通の話ならもういくらでも書いてるよなと思いながら
今回はストーリー以外の部分が重要だったりで
キャラ設定を重視してないから迷うというのもあるのでしょう。

会話や日常の行動に味付けするために職業などの設定は必要だけど
実際は話の重視している部分ではなかったから、何でも良いやと思ってたり。
だけど、それだと行動の理由付けが薄くていまいちに見えてきたり。

急がず焦らずで地道にやっていこうと思います。
[PR]
by Kirill_Books | 2014-04-19 13:02 | Kirill Book Store | Comments(0)
感想本いただきました-北斗ブリテイン文芸大会-
北斗ブリテイン文芸大会の感想本をいただきました。
b0096814_19501564.jpg

本当にありがとうございます。
感想本を楽しみにしていました。
むしろ、感想本もらえるから書こうくらいな勢いでした。

1つ1つ読ませてもらって、そういう風に思うんだなーとか
やっぱそうか!みたいなこととかとても楽しかったです。
b0096814_19515119.jpg

感想書いていただいた皆様
読んでいただいた皆様
本当にありがとうございました。

その中のいくつかに書いてあったことをこちらで答えようと思います。

こういう作風ならキリルみたいな形が決まりそうになると
あえて違うのを書くようにしてます。

いろんな人に読んでいただいたSmoke Potionが
ホラーとかダークという感想が多かったので、
そっち方向は書かないようにしようと決めてました。

でも実は私。
Smoke Potionをホラーともダークとも思ってなかったので、感想もらったとき
「え、これダークなの?ホラー??まじで!気づいてなかった!!」
みたいな感じでした。
ほんわかや胸きゅんは狙って書けるけど、ダークは狙って書けない気がする。

個人的にはカテゴリを分けるなら純愛路線です。
これを純愛と呼べるキリルはストーカー気質があるのかもしれません。
[PR]
by Kirill_Books | 2014-04-02 20:18 | イベント | Comments(2)