<   2015年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧
文字を文字として受け取れない
おもしろい記事を読みました。

「頭の中のアレクサンドリア大図書館の話」で検索すると記事が出てくると思います。


何かを考える時、何かを想像する時、頭の中の世界でどう表現されるのかは、
人それぞれ違うらしい。

音声派、テキスト派、動画派…
もっと細かくそれこそ同じ世界はないのではと思うほど、人によって違うらしい。


私は基本的には絵で浮かびます。
カラーの絵です。
具体的であれば、それは動画として動きます。
たぶん音はないです。
あっても、すごい遠くでBGMが流れています。
絵にBGMがくっついているという感覚はあまりないです。
絵の中に人がいて、その人が話した場合、
(基本的にはあまり話さないけど)
無音動画のようにセリフがテキストで表示されます。

ただ、そのテキストも画像って感じです。
ペイントで文字が書かれててJpeg保存されてるものを表示してるみたいな。

物を思い浮かべる時に、名前の文字そのままは浮かびません。
それが絵に変換されて浮かびます。

物書きをやっているので、文字で表現されてもいいと思うのだけど
そこは頭に浮かぶ絵をひたすら文字に書き起こす活動という感じです。

ですので、絵が浮かぶための材料は自分で考えますが
(キャラの設定、最初の場面、話のきっかけなどなど)
それがきれいに設定できると、絵が動画となり動いていくので
あとは、その動いた状態を追いかけて文字に書き起こしているのが
UO本になっていっているという感じです。

一通り最後までいって、もしちょっとつまんない話じゃないかな?って思うと
途中に別要素を入れて、もう一度再生してみるって感じです。
アドビプレミアで映像編集してる感覚になります。

だから、あまり自分で最初から最後まで考えている感覚ないし
この動画がいつか浮かばなくなるんじゃないか?という不安はいつまでもあるし
自分の記憶から浮かぶことだから、色んなものを見ておかなければ
いけないなと言う心配もあります。

昔は一度動画が始まるとノンストップで最後まで一気に再生されるし
一時停止機能がないので、途中でやめられず
動画が終わるまで深夜だろうが、仕方なくそれこそ徹夜して書いてましたが
私の頭の中も最近は少し高機能になったようで
一時停止機能がつき、途中までで止めて睡眠を確保することが
できるようになりました。

何度もやっていると、レベルアップしていくんだね!

これはUOに限らず、自分が考えることすべてに当てはまって絵で表現されます。

文字を文字として認識せず
文字もすべて画像となるのが、不思議だなと思う。
訓練したら、文字をテキストとして受け取ることができるのかな。
[PR]
by Kirill_Books | 2015-11-15 11:27 | Comments(0)