<   2016年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧
不倫のお話
不倫のお話
 
-----
新しい年が明けましたが、新年早々不思議なニュースばかり耳にしますね。
実はこの世界で何度か「不倫」をしている方と話すことがあります。
 
いずれの方も 
置かれている状況はわかっている。
自分がどんなことをしているのかもわかっている。
客観的に自分を見れている。
 
というニュアンスのことを言われます。
”この恋愛に夢中で周りが見えていません。”
と自覚してる人は誰一人いませんでした。
 
不倫をしたことがない私から見れば、
状況を理解していて続けるわけがないので、
不倫を続けている以上、
客観的に自分を見れていないんじゃないかと思うのですが本人たちは違うんですね。
わかっていて、自分たちの正当性を見つけて、
だから結果的に「不倫」ということになってしまっているけど
相手に“伴侶がいる"ことを除けば普通の恋愛だと言いたそうにするのです。
でもその除こうとしている”伴侶がいる”というところが
一番重要なことなんですよ!とつっこみたくなります。
 
私もおせっかいなことをしたいわけじゃないし
火の粉がかからない程度の距離をおきつつも状況を見守ってます。
 
さて、最近また一組の不倫カップルから話を聞くことができました。
 
アルケミストの子が熱っぽい視線で
料理人の男を見つめてるので気づいたんですけどね。
その料理人にはすでに戦士の奥さんがいるのです。
 
全方位に優しい男が、優しさを周りにふりまき
勘違いしてしまった女をそのまま受け入れてしまうというのがだいたいの始まり。
私が見てきた数組の不倫カップルのパターンですけどね。
 
男性は惚れられてるという現状に悪い気はしないでしょうから
はっきりとした言葉を言わないまでも
勘違いさせたまま関係を続けるのですよね。
 
もう後戻りできないほど盛り上がってから、
男は「実は…」と伴侶がいることを伝えるのです。
そりゃ、結果的に不倫になってしまっただけと
女性が自分の正当性を言いたくなるのもある程度理解はできます。
そこでぱっと目が覚めることができないくらい、
すでにその沼に深く深くはまりこんでしまっていますから。
 
現状、料理人男はアルケミストの子に乗り換える気もないし
だからといって、自分は正直に話してるのだから
それでも自分について来てくれると言うアルケミストの子を
断る理由はないと自分の正当性を説きます。
 
アルケミストの子は本気にさせといて盛り上がってるところに、
実は既婚者だと言われても納得いかないし、
このままの盛り上がり具合なら
いずれあっちを切って私のところに来てくれるんじゃないかと
確証もない可能性を信じてしまうんですよね。
 
ただ、毎度話を聞いていても、本妻が一つ上なんですよね。
全てを知ってる上で、知らないふりをし
ここぞというタイミングを見計らいながら、証拠を集めている。
さすがです。
 
そうそう、
アルケミストの子が料理人の男性にある一つの作戦を持ちかけているのを聴きました。
アルケミストの子が作った毒薬を使用して
料理人男が毒入りケーキを作り、本妻にプレゼントするということ。
 
それで、本妻を亡き者にしようとしてるんですよね。
これで邪魔者はいなくなって、二人の関係を確固たるものにできるよねと。
むしろ私と一緒になるのはこのタイミングしかないでしょうと。
料理人の男性は乗り気にはなってないですが、
このまま押されていけば結果的に作ることになるでしょう。
 
さて、バレンタインまであと1か月を切りました。
料理人の男性が毒入りケーキを作って渡してしまうのか
渡さずに、アルケミストの子をなだめることができるのか
男がどちらの答えを出すのか、楽しみです。
 
人の生き死にがかかってるのに、楽しみだなんて不謹慎だって?
 
この男性、自分の奥さんがヴァンプ戦士だとわかってないのが痛い。
毒入りケーキなど渡しても奥さんは痛くもかゆくもないのですよ。
自分の奥さんを全く理解してないのが明らかなのだから
さっさと別れてしまえと、私は思うんですけどね。
 
------
色々メモをあさっていたらこんな文章が出てきた。
忘れてた!
今年の1月くらいに書いたものらしい。
不倫の話題が色々出ていたから書いたのかな?
 
毒入りケーキってレベルいくつの毒まで作れるんだろなーと
毒スキルも料理スキルもよくわかんないまま
とりあえず書いてみたって感じだった気がする。
 
 

[PR]
by Kirill_Books | 2016-07-12 12:32 | Comments(0)