タグ:新刊案内 ( 52 ) タグの人気記事
≪新刊案内≫Christmas 2017
新刊をベンダーに置きました。
Christmas 2017 全1巻
2017年最後の新刊です。
b0096814_0463746.jpg

今回は1シーンの会話劇。
セリフが多いかもしれないですが、
この時期にありそうな日常風景を書いた感じです。

ブリタニアに住んでる人たちの日常を切り取るというか
こういうことどっかでありそう!って思えるものを
書けたかなと思います。

新刊のクリスマス本は無料!
先月出したNew Jhelomと一緒に入れておきますので
ぜひどうぞ。
b0096814_0463580.jpg

他シャードはいつものごとく
勝手にルナに置きに行きたいのですが、
今月は今度の週末をすぎないと
これからの状況がわからないのでその後の決めることになります。
[PR]
by Kirill_Books | 2017-12-04 00:47 | Kirill Book Store | Comments(0)
≪新刊案内≫New Jhelom
新刊をベンダーに置きました。
New Jhelom 全2巻
b0096814_2229447.jpg


去年?数年前?にある偶然によって”New Jhelom”の言葉だけが出てきて
どうしてNewになるのかという基本的理由はその時思ったことから
変わらないのだけど、
「どうしてそうなるのか」
「そしてどういう結末を迎えるのか」
という部分が上手くいかず、
いますぐ本にするのはやめようと思っていたものでした。

それが今年になって、きっかけから結末まで
”これでしょ!”という感じでうまくまとまったので本にしてみました。

ウルティマ的にはニュージェローム=ニジェルムなんでしたっけ?

私は三題噺みたいにお題をもらうのが好きですが
同じものを使って複数の人が書くと
それぞれの差が出て楽しいねっていうのが三題噺の一つの楽しさだと思っています。

それと同じで、同じタイトルで書くのは一題噺みたいなことで
よりそこから広がるイメージがそれぞれ違ってたのしい。

けっこう前に”エイティーンエティン”という本を書いたのですが
それは複数人でみんな同じ”エイティーンエティン”のタイトルで
書くという企画だったのです。
それぞれ個性があって楽しかった。

三題噺だと一つ一つの言葉の意味などを調べてから
取り掛かるのだけどタイトルだけ一緒なら、
そこまで現実に意味を調べなくてもいいし、
それぞれの解釈でいけるから。

そんな感じで”New Jhelom”です。

現在瑞穂のジェロームには首長がいませんが
逆に言うといないからこそ、書いて大丈夫なタイミングだったような気もします。

ということで、今回話に出たので”エイティーンエティン”も置きました。
b0096814_2235157.jpg

自分だったら、このタイトルでどんな話を書くかなと思いながら読むのも
楽しいと思いますのでぜひどうぞ。
[PR]
by Kirill_Books | 2017-11-17 22:30 | Kirill Book Store | Comments(0)
≪新刊案内≫Trick or Treat 2017
今年もこの時季がやってまいりました。
b0096814_22224457.jpg

前回の記事のあとずっとお休みしてたわけではなく!
見えないところでは、
しっかりと慈悲の話は完成させて
(でもまだ売りに出してない)
ハロウィン本を書いて
(完成しました!)
もう一冊もう少しで完成させるという感じ。
7か月で3冊ペースなので
そんなに悪くない。

しかも今完成させようとしてる本はほぼ書けてて
少し寝かせて清書の段階で
頭の中ではクリスマス本ネタを考えている最中。

どうしても一年の後半の9月から12月頭くらいまでで
3冊書くのが確定しているので
前半はだらだらしていたい、そんな気持ちもあります。

夏休み期間はドラクエ11もやりまして、
全員レベル99にして、ネルセンの試練を全部やり
ラスボスまでやったら満足してやめました。
時間がなくて2か月くらいちょこちょこやっていた気がします。
ストーリーの表と裏と呼ばれている部分については
言いたいこともありましたが、それはまた別の機会に…
ラスボスクリアして、次の週からはすぐ
UOの20周年イベントの侵攻が始まった気が…


ということで、(UOの話に戻った)
ハロウィン本です。

時事ネタ入れたいけどちょっと時差が出たりするのは
書く時間を考えるとどうしてもやむを得ない。
今回は侵攻してた頃に思いついた話です。

毎年この時期にハロウィン本を書くという
自分ルールを今年も守れてよかったです。

無限以外各シャードへのコピー本作成も完了。
どこかのタイミングでルナにこっそり積んできたいと思います。

その他、今までのハロウィン本も少しだけ入れておきます。
それなりに貯まってきて、読み返すのがちょっと楽しいです。

今年の新刊は無料!
(他シャードでばら撒くかもしれないから!)
b0096814_22224348.jpg

[PR]
by Kirill_Books | 2017-10-21 22:23 | Kirill Book Store | Comments(0)
≪新刊案内≫Communication...
新刊をベンダーに置きました。
Communication... 全1巻
b0096814_14521310.jpg

新刊とは言いつつ、書いたのは休止前のものなので5年以上前に書いたものです。
休止前最後に書いた話だと思う。

そして、2014年1月にあった桜のコンテストに応募する時に
一度編集しなおしているものなのです。
※参考
[Smoke Potion]応募まで
http://uokirill.exblog.jp/21884927/
この記事の
◇過去の作品に手をつける
の部分で書いている
"休止する前最後に書いていた話をちょっと編集してみることに。"
の話がこちらの『Communication...』

すごい長い時間をかけて、何度も何度も読んで
あちこち編集してて、そして今発刊です。

このタイミングになったのは一応意味があります。
去年から今年にかけてのパブがきっかけです。

一緒にSmoke Potionもベンダに置きました。
b0096814_14521599.jpg

コンテストで
1つは最終的に応募した本。
一つは迷ってやめた本。

一度書いた後に色々手が加わって、休止前に書いたままの状態ではないけど
片や休止前最後に書いてひっそりとしまい込まれていた本
片や復帰後多くの人に読まれるだろうことを想定して選んだ本。

読み比べもありかも?
ぜひどうぞ。
[PR]
by Kirill_Books | 2017-02-04 14:53 | Kirill Book Store | Comments(0)
≪新刊案内≫Christmas 2016
2016年最後の1冊。
今年もこのタイトルで本をひとつ作りました。
b0096814_20343858.jpg

今年は本当に時間がなくて、通常だと書けてる時期に全然書けてなくて。
幸い、早めにあらすじだけはできてたので
もう今日この3時間で作る!と切羽詰まった状況でなんとか作るという…

煮え切れてないような部分もありつつ
それはそれで楽しいので良い。

ある日のUOのニュースレターを元に
知り合いと話した内容がきっかけの本ですが
1冊に収めるために色々削ったら、別の話になったような…

それもこれも毎年書くものだと思うと
ありだなーって思えるので良いのです。

12月18日(日)
本日ですね。
22時から22時30分の間くらいに無限を除く
日本シャードのルナに積み上げてこようと思います。



瑞穂は昨日からベンダーに入れております。
b0096814_20344115.jpg

Cristmas 2013、2014、2015、2016[New!]と
クリスマス4年分。

読み比べるとちょっとおもしろかった。
[PR]
by Kirill_Books | 2016-12-18 20:36 | Kirill Book Store | Comments(0)
≪新刊案内≫Trick or Treat 2016
何の縛りかわからないけど
同じタイトルで書いておきたいと毎年思って今年で5回目。

今年もこのタイトルで本を一つ作りました。
b0096814_2336364.jpg

このタイトルもこれだけ貯まってきました。
b0096814_23355788.jpg

2007年はどこかにきっとあるはず・・・
2015年もどっかにあるはず。
今年はTrick or Treat 2016とTrick or Treat 2016_1
ぎりぎりになって別なのを書き直しました。

なんかなー
なんか違うんだよなー
そんな感じがぬぐえず。

ぎりぎりで書き直したので、そんな雑さは十分出てますが
それも毎年書いてるからこそ、あの年はこんな感じだったなって
思い出せるしいいかなって思ってます。

一応10月31日(月)22時くらいから、無限以外の日本シャードのルナに
こっそり積み上げておこうと思います。
シャード選択の上から順番に。

とりあえず各シャードで準備だけは一応。
b0096814_23355564.jpg

先日UOのニュースレターを読んで、知り合いと話していて
これはクリスマス本のネタになりそうだなーって思うものがありました。
一人でうんうん悩むより、ぽっと思いついて勢いで書くのが大事な時もあるんですよね。

今はそんな時期のようです。
[PR]
by Kirill_Books | 2016-10-30 23:38 | Kirill Book Store | Comments(0)
思い込みの訂正と後半戦の話
前回のブログで新刊を置いたと書いてましたが、
数日前にベンダをチェックしたら何も入ってませんでした。
私きっとブログだけ書いて補充忘れてたんですね…
b0096814_1243130.jpg

現在は補充しておりまして
Liberation 全3巻
Evil of alchemy 全4巻
を置いております。


これから12月までに書く本のスケジュールを考えているところです。
例年通りに行くと
10月ハロウィン
11月個人的本
12月クリスマス
と3冊書く計算になり、
1作を1か月弱で書くというのはかなり難しいので
どれだけ早く書き始められるかと考えているところです。

ハロウィンが結構曲者でして
ハロウィンとはこういうもの!というイメージが明確になく
なかなか書くのも難しい感じがします。

魔女や幽霊が出てきて
子供とかもかかわったり?
お盆西洋版みたいなイメージになってるんだけど
そんなんでいいの?みたいな。

Wikiでハロウィンを調べてもなんかちがうよなーって気もするし。

明日から9月になるということですし、
私の夏休みも今日までにして、
明日から本格的に考えるくらいじゃないと
後半かなりつらくなるなー。

でもお休み気分が抜けない…
[PR]
by Kirill_Books | 2016-09-01 01:26 | Kirill Book Store | Comments(0)
≪新刊案内≫Liberation
新刊をベンダーに置きました。
Liberation 全3巻
b0096814_14585928.jpg


前回ベンダーに置いたEvil of alchemyの続きのような位置づけの本。
Evil of alchemyを書いた時に、この落としどころまでは考えていたのだけど
細かい詰めやつじつま合わせが自分の中で納得できるようなシナリオになるまで
ちょっと時間がかかった気がする。

テーマや方向性は決まっていたけど、味付けをどうしようか…というところで
例えば登場人物の性別が変わるだけで話の流れやセリフ一つの意味合いが変わっていくし
醸し出したいことと、醸し出したくないことのさじ加減が難しかった。
(全部自分の中での話だけど)

結果的には自分がよくやっていたパターンに落ち着いちゃったかな。

この本を書いてた時に感じていた一つの答えはこれだったんだよなー。
1,2か月前の話だけどすでに懐かしい。

全3巻ではあるけれど、1冊にたっぷりと書いてるわけでもなく
前回と一緒で次号予告もつけて、できるだけ長さを意識させない作りを心掛けたつもり。



もう未販売本がどれなのかよくわからなくなってる…
[PR]
by Kirill_Books | 2016-08-23 15:00 | Kirill Book Store | Comments(0)
≪新刊案内≫Evil of alchemy
新刊をベンダーに置きました。
Evil of alchemy 全4巻
b0096814_2251721.jpg


前回のブログで書いていた、
「異世界」「武勇」「レシピ」で書いた本。
結果的に全4巻の長さにはなりましたが、
どれもだいたいページ数関係なく区切りの良いと思えるところで
次巻にいっているので、
4冊丸まる文字いっぱいというわけではないので、ご心配なく。

本当は1冊ずつ時期をずらして発行しようと、
全4巻一気に発売しない前提で作ってて、
それっぽい感じになってるんだけど、
でも一気に読めたほうがいいなと思って全4巻販売です。

普段やってないことを色々詰め込んでみましたが、
ここで説明するのもアレなので、
読んだ方がもしいたら、それでわかってもらえればなと思います。

書いてみて、読んでみて
やっぱり短いのが好きだなー。
読むのも書くのも。
と思いました。

短くまとめようとしてしまう無意識の自分との戦いだったので
折り合いをつけるというか、自分を抑えるために
それぞれの巻末に初めて入れたものがあります。

それで、自分の気持ち一新させて、次の巻に気持ちを向けるという。

自分の好みが本当にわかる。

というショートなものが好きなキリルが書いた話なので
全4巻とはなっておりますが、
ご心配なく読んでいただければと思います。

この本を書くにあたってボツになったネタをどうにか活かせないかと
現在はそれを考えてるところであります。

下手に制限を取っちゃうと逆に不自由になったというのが
おもしろい感覚だったなと思います。
制限あるほうが慣れてるというのもおかしな話だ。
[PR]
by Kirill_Books | 2016-04-09 22:53 | Kirill Book Store | Comments(0)
≪新刊案内≫Christmas 2015 / 21:30からルナに置きに行きます。
今年のクリスマス本、瑞穂のベンダーに置きました。
b0096814_1741521.jpg

12月19日(土)21時30分から
日本シャード(無限、瑞穂除く)のルナに本を積みに行きます。
もし見かけた方がいましたら、立ち読みでもどうぞ。
これで2015年の表立った本書き活動は終了です。


さて、今年のクリスマス本。
普段よりはなかなか上手くまとまらずに困った困ったと思っていました。
登場させたい設定の人はいる。
ラストのシーンは想像できてる。
そこに持ってくまでの展開方法はいくつか思いついたけど
なんだかどれもしっくりこない。

主人公を変えてみたり
語りを変えてみたり
いろいろ調整してみたけど、なんだかしっくりこない。

こういう時よく使う方法があります。

1.ノートとペンを用意します。
2.制限時間45分くらいで思いついたことを
ひたすらノートに書きます。
台詞でもシーンでもキーワードでもなんでもいいので
書きなぐります。
思いつく速度に追いつかないといけないので自然と書きなぐる感じになります。
それを集中してやっていると、あるタイミングでストーリーがするする出てきます。
本当ですよ?

たぶん頭に浮かんだものを書いてどんどん頭から抜くと
大事な物が残っていくのではないでしょうか。
忙しい時にもよくやります。
制限時間集中してぱっと作れるので、
短時間で話を作りたい時に最適な方法です。
オススメです。


最初にも書きましたが、
今日21:30頃から日本シャード(無限、瑞穂除く)のルナに
クリスマス本を置きに行きます。
今年2回目の自己満足ばら撒きかな。


今年も無事にクリスマス本を書き上げ
今年の活動を終えられることに感謝申し上げます。
[PR]
by Kirill_Books | 2015-12-19 17:52 | Kirill Book Store | Comments(0)