タグ:UO BOOKS ONLY ( 9 ) タグの人気記事
第2回庭梅文芸大賞受賞
これ書いてなかった!
1月18日に桜シャードで行われたUO BOOKS ONLYのコンテスト
庭梅小路文芸大賞で[Smoke Potion]が第2回庭梅小路文芸大賞を受賞しました。

※本のタイトルは司会の方が間違ってしまったようなので気にしないでください!
b0096814_11195125.jpg


投票する時に感想を書くようになってたけど、あれって教えてもらえるのかなー。
感想書いてくれた人いるのかなー。

それがすごい楽しみです。

誰かが読んでくれてそれに感想もらえるってすごい幸せなことですよね。
自分がやってることに誰かが反応してくれてるわけですから。
オフラインのゲームじゃもちろんありえないことですし、
普通に遊んでても自分の知らない人が反応してくれる、
そういうことを味あわえることってなかなかないので
とても幸せだなーって思います。

私が投票した人にも私の感想が届くといいなー。
そう思います。

大賞の賞品はこちら!
b0096814_11483239.jpg

パワスク 魔法120
パワスク EI120
ステスク +25
魔ダメ+30%ジェネラルスペルブック
中に何か入れたら本入ってる風になる本棚
図書館の読書灯3種(かな)
です。

普段貧乏なのでお金換算したらいくらになるんだろう?って考えてしまいます。
魔法120が一番高いのかな。
魔ダメ+30のスペルブックかな。

これを宝の持ち腐れにしないように色々がんばろーって思います。
[PR]
by Kirill_Books | 2014-01-22 11:51 | あの日の出来事 | Comments(4)
[Smoke Potion]応募まで
※注意!記事長いです。

数週間悩んだというのがおおげさでなく本当のことで
久々にこんなに悩むかってくらい悩んだ話しだったので
自分のために、[Smoke Potion]応募までを少し細かめに記録しておこうと思います。

◇初期段階まで

コンテストを知ったのが11月20日頃、ゆなさんのコメントで知りました。
宣伝本配られてるのは見たけど中身しっかりと読んでなかったんですよね。
その後宣伝本配っていたスズカケさんに会ったのが約1週間後。

私はもともとコンテストには参加しない主義でした。
昔のIONAさんの瑞穂文学賞も知ってたけど一度も参加したことがない。
コンテストって何に向けてどうしたらいいか見えないし、
変な邪念みたいのが入って自分がおかしな方向に行くのが予想つくから
それだったら最初から出さないと決めておこうと思っていた。

でも誘われたし、昔はやってない新しいことやってみようかなと思ってた時期なので
コンテスト参加しようと決めて、なんとなく考えていたものを書き始めました。

書き始めた順番で行くと
クリスマス本
ブログに掲載した"誕生日おめでとう"
Smoke Potion
消しゴム

という感じ。

私はメモに思いついたことどんどん書いて、そこから話しを膨らませていくのですが
Smoke Potionについては
---
アルケミ修行中  オトコ
病弱  オンナ
・ライキュームのどっか人のこなさそうな場所で寝込んでいるオンナ
・オトコは新たな薬を開発したいと思っている。
・オンナはもう命が長くないだろうと実験台になるという
・インビジPOTができた理由
・彼女は今も自分の近くにいる。ただPOTの効果が消えずにいるだけ。
残りの人生かけて、新たな薬を開発する

---
と書かれていました。

そこからインビジPOTではなく
誕生日おめでとう書いてた時に調べてたスモークボムをきっかけに
書き出しはクリスマス本でやろうと思っていたことの違うパターンを使ったという感じ。

最初は悲恋を想像していたようです。
最後の視点変更もなく、最後までオトコ視点の形です。
オトコはもっと優しい感じでした。

出だしの部分は、話の一番盛り上がりと思われる部分を最初に持ってくることにしようと
最初から決めていました。
ただ、普通の文章だと興味はひかないと思うので、色々興味持ちそうな言葉を
考えたあげくのアノ冒頭です。

最初に書いた最後の部分こんな感じでした。
最後以外はだいたい応募作と近い形です。
---
そして、彼女は今も俺のベッドにいる。
俺にはわかる。
風が吹くと彼女の微かな甘い香りがベッドのほうからしてくるのだ。
彼女は俺の言ったとおりに、体を動かさずに薬品が切れるのを待っているのだから、
俺も彼女が現れるまでこれからもずっと待つつもりだ。

---

で、書いてみて、これおもしろいか?と。
オトコから見たら自分を犠牲にしてくれたオンナになるかもしれないけど、
オンナは意図が合って、そうしてたはず。
少しずつプライベートを見せたり、忍者らしくない香りを香らせていたりしてたけど
オンナは気を許していたのか?
男が香りに気づいていたことも知っていただろう。
あえて気を許しているように見せていたのでは?
忍者に戻るぎりぎりの選択は残しつつ普通のオンナとして接していただろう。
では最後、オンナはオンナのままだったのか?

みたいなよくわかんないことを考えつつ、
そういうオンナの心理が全く出てこない普通の話しになっていた。
逆に載せようとすると1冊に収まらなくて、これはだめだなーって感じになっていた。

12月の頭から1月くらいまでの約1ヶ月はずっと思いつかなくて
週に何度か桜にログインしては、読んで悩んでやっぱ思いつかないを繰り返していました。

*さらに長く続きます*
[PR]
by Kirill_Books | 2014-01-21 03:06 | 綴られたモノ | Comments(2)
本屋さんを楽しんだ夜
何度も言いますが、
私はUO BOOKS ONLY 02を本当に楽しませていただきました。
賞がうんぬんとか関係なく、準備段階から楽しんでいました。
コンテストの応募作については久しぶりにこんなに悩むかってくらい悩んで作ったので
自分の為にも書きとめておきたいと思い、別途記事にいたします。

今回はイベント、特に即売会について書こうと思います。
b0096814_125527.jpg

コンテスト応募締め切りが終わってからの1週間。
開放感と共に当日へのワクワク感がはんぱありませんでした!

他の方の応募作早く読みたい!とか
販売スペースが自由に飾りつけOKとかどうなるんだろう?
とか気になって気になって毎日見に行っていました。

関係者の皆様には常にハイドしてる変なのが
毎日盗聴か盗撮でもしてるんじゃないかとあやしい感じに
写ってしまったかもしれませんが
本当に毎日楽しみでしょうがなかったのです!

野外で行われる一時の装飾と違い、少しずつ作られていく期待感。
逆に時間をかけられることで装飾やさんたちはとても大変だったと思います。
私装飾とかよくわかってないので、徐々にできていく様子がライブ感あって楽しかった。

販売スペースについては
たのうすさんが"血とファンタジー"とか"ダークとファンシー"みたいな
そんな言葉だけであそこまで作ってくれるとは、
装飾やさんも本とは違った意味で想像を形に変える職業だなーと感心いたしました。
b0096814_1291042.jpg

出来ていく販売スペース見て、テンションあがった!
本当にありがとうございます。
御恩は必ず・・・!
b0096814_1244457.jpg


物書きはイベントで売る時って
一人で書いて、一人で準備して、一人で売るんですよね。
みんなで相談してってことがない。
だから、こんな形でみんなで作るというのが共有できて新鮮だった。
b0096814_1293810.jpg

今回単品購入の方はいなくて
全巻セットか特別販売の本が売れてきました。
強気値段だったけど売れて良かった。
どうか1作くらいは気に入る話しがありますようにと思いながら
売っていました。

私が瑞穂のムーングロウでお店やってた時から
知ってくれてた人もいてうれしかったなー。
ゆまさんもすごく忙しいのにきてくれてうれしかった。

庭梅小路の方々には、
こんなに楽しいイベントを開催していただき本当に感謝しております。

さて、私は楽しければOKの本屋ではありません!
気になる売り上げは・・・!
b0096814_1332289.jpg

b0096814_1333372.jpg

85,000gpなり。
皆様お買い上げありがとうございました!
[PR]
by Kirill_Books | 2014-01-20 01:37 | イベント | Comments(0)
UO BOOKS ONLY 02 閉幕
久しぶりな人にあっていろいろ話していたらこんな時間になっていました。

UO BOOKS ONLY 準備から最後までずっと楽しかった。
今回のイベントについては書きたいことは色々あるので、
少しずつ書いていこうと思います。


・・・が。
まず一番に一言いいたい。
作品タイトル「Smoke Potion」なんですけど・・・!
b0096814_2201930.jpg

なかったことにしようと思ったけど、やっぱ載せとこう!

これから数日は、イベントの準備や出来事を書いていくかと思います。

メモ
21と22日の間の0時。
[PR]
by Kirill_Books | 2014-01-19 02:23 | イベント | Comments(8)
UO BOOKS ONLY スタート
桜シャードで行われるUO BOOKS ONLYがスタートいたしました。
b0096814_21315638.jpg

色んな本があるだけでワクワクします。


"Request of story" Book は、いきなりゆなさんが1冊買ってくれました!
ちょっと安心しましたー。

まだありますので、どうぞ桜シャードの本イベントにお越しくださいませ。
[PR]
by Kirill_Books | 2014-01-18 21:39 | イベント | Comments(0)
"Request of story" Book  
現在桜シャードで色々準備中です。
私は直前に準備しようとすると焦っててんぱるので
コツコツと準備したい派です。

コンテスト締め切りから約1週間。
毎日すごい楽しかった。
少しずつ作られていく会場を眺めているだけでワクワクした。
もうかなりこのイベントに対して満足感あります。
(始まってないけど・・・)
b0096814_16185059.jpg


以前書いた依頼権(?)的な本
"Request of story" Book  
以下のようなことが書かれる予定です。

本にはキーワードを記載し、
依頼コメント記入時と取引時に伝えてもらい
本人確認とします。

堅苦しいことをがんばって考えて以下に記載しておきますが、
「なんかお題ちょうだいよ、お題。それで書くからさー。
できたらご褒美にお金ちょうだい♪」
ってことなので、依頼締切日時だけ注意していただければ。
今回依頼権購入する方がいらっしゃいましたら、
依頼内容は2014年1月26日(日)24時締切締め切りなのでお忘れなく!

■依頼内容について
"他人はどんな話しを考えるのだろう?"と楽しんでいただきたいものです。
あまり凝り固まった設定にしてしまうと、
想像と違うものになったときのがっかり感がはんぱないと思います!

"Request of story" Bookの内容はこちら
[PR]
by Kirill_Books | 2014-01-18 16:23 | Kirill Book Store | Comments(0)
UO BOOKS ONLY 02 販売スペース
2014年1月18日(土)に桜シャードで行われる
UO Books Only 02では事前に予約して
販売スペースを確保しておりました。

北斗のゆなさんと合同のスペースで自由に飾りつけしていいということなので、
友達に手伝っていただき設置しておりました。
当日は本の準備に忙しそうなので・・・。
設置しておりましたといいましたが、私は何もしておりません!
じっと見つめて口を出してるだけでした・・・。

話し合いの結果というかノリでというか勢いで
スペースのテーマが"ダーク(血)とファンシー"になったのですが
スペースの都合でダークさ全面な装飾となりました。
でもすごい!
b0096814_2292782.jpg

内装できる方ってすごいですよね。

今日何度「すごい!」といったことか。
私のお気に入りは、コップからあふれ出した血!っぽいもの。
私が唯一思いついた部分です。

当日はこちらで本を売りますので、ぜひ皆様お越しください。
[PR]
by Kirill_Books | 2014-01-16 02:49 | イベント | Comments(6)
UO BOOKS ONLY 02 販売メニュー(変更あり
2014年1月18日(土)に
桜シャードで行われるUO Books Only 02で販売する本は以下の予定です。

いくらが相場なのかよくわからないのですが
500gpあれば2作は買えるという金額設定にしてみました。

-----
◇販売メニュー
*単品売り 1作250gp
*別売り(セットに含まれません)  1作5,000gp   ←追加
*全巻セット(13作) 1セット3,000gp
*スペシャルセット(13作+おまけ) 1セット100,000gp
*"Request of story" Book  1作 201,000gp(先支払1,000gp) 先着2名

*単品売り 13作 1作250gp
02■Coveの花嫁 -Bride in Cove- 全2巻 
05■俺のタニア -Tanya is Mine- 全2巻 
07■背徳の聖騎士 -Paladin of immorality- 全1巻
12■フラワーショップ ソフィアにようこそ -Flower Shop Sophia-全2巻
13■最善の選択~北極脱出編~ -Best Choice- 全1巻
20■Eighteen Ettin 全1巻
22■Distorted Love 全1巻
23■もこもこ窃盗事件 -MOCOMOCO-全2巻
28■Now Recruitment  全1巻
34■Back side of Happiness -幸せの裏側- 全1巻
36■Leader Of Nujel'm -ニュジェルムの首長- 全2巻
39■Champion Flowers 全1巻
41■コンテスト応募作 全1巻
※それぞれの紹介は
こちらをご覧ください↓
*世に出たお話一覧(1-40)*
*世に出たお話一覧(41-42)*


*別売り(セットに含まれません)  1作5,000gp ←追加
42■Who erased? -誰が消した?- 全1巻
万人向けじゃないのは変わらず、セットにせず単品売りにしました。
北斗のある界隈で行われた"消しゴム"をテーマに本を書こう企画で書いた本です。
大人な雰囲気漂う本をお求めで何が書かれてても泣かない人向けです。


*ノーマルセット(13作) 1セット3,000gp
単品で買うと13作×250gp=3,250gpのところ、3,000gpのお得なセット。

*スペシャルセット(13作+おまけ) 1セット100,000gp
ある界隈で物議を醸し出した消しゴム本"Who erased?"がおまけです。
はっきり言います、万人向けではありません!
初めての方は単品売りか通常の全巻セットを激しくオススメしますので
間違って買われないように高単価商品です。


*"Request of the story" Book  1作 201,000gp 先着2作 (先支払1,000gp)
後日詳細を記事にいたします。

-----
単品売りが多いと予想するとともに、
初めてのところはそのシャードをメインとしている人が
全巻一気に買うこともあるので、全巻セットも一応。
ただ全巻セットだと22アイテムくらいになると思うので、お気を付け下さい。
[PR]
by Kirill_Books | 2014-01-13 20:01 | Kirill Book Store | Comments(4)
UO BOOKS ONLY コンテスト締め切り
2014年1月18日(土)に
桜シャードで行われる本のイベントUO BOOKS ONLY。
イベントに先駆けて、1月11日24時がコンテストの締め切りでした。

事前にできてたにも関わらずもう何度も何度も読んで。
書き直したりして。
途中でスズカケさんとお会いし、話しながらチェックして
ゆなさんも別場所で書いてるという報告を聞きながら
ギリギリまでやって。

なんとか間に合いました。
b0096814_254914.jpg

今回のコンテストの本については
書きたいことがいっぱいいっぱい!あるんですが。

書くのは全部終わってからにします。

イベント当日まで1週間。
もうすでに即売会のスペースをゆなさんと合同で予約してきました。

1月18日はぜひ桜シャードの本イベントにお越しください。
[PR]
by Kirill_Books | 2014-01-12 02:15 | あの日の出来事 | Comments(2)