K B S
*こちらはUltima Online(通称:UO) 瑞穂シャードにいるKirillと本の話*

b0096814_14174969.jpg書斎 兼 展示 兼 稀に販売もしたりする家を
少しずつ展示数を増やして本にまみれた家にするのが夢です。
まみれさせるほど書けるか!って話ですが。

*世に出たお話一覧(01-40)*
*世に出たお話一覧(41- )*
(2018/06/25更新)


*現在のベンダー(2015.04.26)
瑞穂シャード:ルナ城内に置かせてもらっています。
b0096814_0383393.jpg


[PR]
# by Kirill_Books | 2018-12-26 23:27 | Kirill Book Store
≪新刊案内≫S M R
新刊?をベンダーに置きました。
S M R 全1巻
2014年に開催された北斗ブリテイン文芸大会[Second]用に書いた本です。
b0096814_22522330.jpg

もしや瑞穂で一度も売ってないのでは?と言われまして
あれ?そうだったっけ?という感じで今頃販売です。
(ベンダ的には新刊!)

もう4年くらい前の本なので、この本にまつわる話をどこかに書いたのか
話したのかも忘れてしまっているのですが、改めて。
この本は”北斗ブリテイン文芸大会[Second]”用に書いた本なので
たぶんあまりベンダ販売をしようと思ってなかったのだと思います。

そして、キリル的に本を書く時の世界観ルールがあるのですが
そのルールを多少破っています。

色んなシャードの方が参加する文芸大会とはいえ、
北斗開催なのでベースは北斗の土地勘で。
でも、瑞穂民のキリルとしては瑞穂を紹介したい!
ですので

破片(シャード)が存在すること
転送トークンが存在すること

ここら辺は悩みながらも、使ったところだと思います。

不特定多数の方が読まれる可能性があるわけですから
そこらへんの自分ルールを今回は緩くしたというのもあります。

ぎっちぎちなルールで書くのは普段いくらでもできるので。


そんなこんなで、
瑞穂民による他シャードの方々への瑞穂紹介本として書いた本でした。

瑞穂民なら「あーあれね」となるものでも
他シャードの方にはびっくりすることもあるのでしょう。

今はエンドレスジャーニーについて考えたりしててネタができそうで
できなさそうという感じになってるのですが、
New Jhelomもそうでしたが、ネタは温めておくと
いつかしっかり作品になってくれると思っているので
焦らず、ゆっくりと書いていこうと思います。
[PR]
# by Kirill_Books | 2018-06-25 22:52 | Kirill Book Store | Comments(0)
2017年を振り返って
大晦日です。
1年の締めに、執筆活動の2017年を振り返ってみます。

□2017年に販売した本
【66】Communication... 全1巻
【67】Trick or Treat 2017 全1巻
【68】New Jhelom 全2巻
【69】Christmas 2017 全1巻

【66】Communication... 全1巻は昔に書いた本。
売ってないけど、書いた本が1作あるのでやっぱり年に4作くらいが
ちょうど続けられるペースなのかもしれない。

だいたい9月から12月くらいまでに3作書くスケジュールが決まっているので
前半をまったりさせたいというのがあるんだろう。

それ以外にメモ程度で書いてる話もある。
いつか、本にするのかな、なるかな?という感じ。
今まではそういうのは結局本にならないのだろうなと思っていたけど
【68】New Jhelom 全2巻で昔から気になっていたネタも
気にして心に留めておけば、然るべき時に本にできるのだなと思った。

20周年ライブイベントでUO全体も忙しい時期があったが
そのイベントのおかげで、
【67】Trick or Treat 2017 全1巻と
【68】New Jhelom 全2巻が書けたし、
昨年から始まった匠のフェスティバルで
【69】Christmas 2017 全1巻が書けたので
ブリタニアの生活にありそうな話になれてればいいなと思います。


今年は【68】New Jhelom 全2巻が書けたことが本当に大きい。
前から使いたかった”New Jhelom”
”独立”をテーマにするためにはどこを落としどころにするかということ。
何から”独立”するのか、最終結末が”独立”でいいのか
仲違いなのか?建設的な別れなのか?
救いどころのない話になるのか…などとずっと考えていた。

登場人物に意思があり、その意思にのっとって行動した時
何が起きて、それを自分ならどうまとめようとするだろうかと。

私が話を書く時に意識する”考えと行動が伴うこと”ということが
やっとぴったりいった気がする、そんな満足感がありました。

他にも細かいネタを入れることもできたので、とても満足。


あ、あと今更言うと
【69】Christmas 2017 全1巻は最初に瑞穂のベンダに並べた本と
途中から補充した本は若干変わっています。
たぶん最初に売ってる本を読んだ人なら”?”がついた部分があったと思うし
あとに置いた本を読んでいたら、”ああ、気づいたのね"って思うはず。

こういうのは仕方がない。
時事ネタあるある。

来年はどうなるのかな。
またブリタニアで書きたくなるような話題が見つけられたらいいな。

表立って出て行ったり、交流することが今ではほとんどなくなったけど
書き続けることで何かと世界とはたぶんつながっている。

キリルの本を読んでくれた皆様
キリルと関わってくれた皆様
本当にお世話になりました。

来年もよろしくお願いいたします。
[PR]
# by Kirill_Books | 2017-12-31 16:36 | 思いつつ | Comments(0)
Christmas 2017 配布完了
22時ごろ無限と瑞穂を除いた日本各シャードのルナに配布しに行ってきました。
b0096814_22322597.jpg

b0096814_2232238.jpg

b0096814_22322138.jpg

これで2017年の活動は無事予定をすべて終了。
b0096814_22322520.jpg

b0096814_22323483.jpg

b0096814_22321860.jpg


皆様よいクリスマスを。
[PR]
# by Kirill_Books | 2017-12-22 22:33 | Kirill Book Store | Comments(2)